これマジか…ホンダ・現行「シビック・タイプR」をピックアップトラックに改造した猛者が登場

ニュルブルクリンクにて、前輪駆動(FF)モデル最速記録を打ち立てたホンダの現行型ハイパフォーマンスハッチバック「シビック・タイプR」。
日本国内だけでなく、北米や欧州でも絶大な人気を誇る一台ですが、この個体をまさかのピックアップモデルに改造したコンセプトモデルが公開されています。

スポンサーリンク

この個体を改造したのは、イギリスのプロジェクトPと呼ばれるプロダクト・エンジニアリング部門で、SMMTテストデーにて出展されました。
元々ハッチバックだったモデルですが、Cピラーとルーフを大胆にカットしてロール・バーに置き換えることでピックアップスタイルへと大幅変更しています。

後部座席とブーツは完全に排除され、オープン式の積荷スペースを完全確保。
インテリアは、完全2シータ式となっています。

パワートレインは一切変更なく、排気量2.0L 直列4気筒VTECターボエンジンを搭載し、最高出力320ps、最大トルク400Nmを発揮。パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が6秒未満で、最高時速は265km/hにまで到達します。
なお、このモデルが市販化されることは確実に有り得ませんが、これを改造したプロジェクトPによると、「ニュルブルクリンク最速となる前輪駆動(FF)ピックアップトラックモデル最速の一台にして見せる」と意気込んでいるとのこと。

一体どのような目的にて、このようなピックアップモデルが生み出されたのかは不明ですが、間違いなく賛否両論がはっきり分かれる一台ではないかと思います。

【関連記事】
ホンダ「シビック・タイプR」が新たなるFF最速記録。前モデルよりも5秒短縮【動画有】(2018/5/15投稿)
ホンダ「シビック・タイプR」がアメリカにて価格アップ。それでもVW「ゴルフR」も安かった件(2018/5/7投稿)
息をのむ接戦!ホンダの2005年式「NSX」と2017年式「シビック・タイプR」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/4/29投稿)
これでニュルの記録も更新だ!ホンダ「シビック・タイプR」のチューニングパッケージが登場(2018/4/1投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう