スバルより2019年モデルの「WRX」と限定250台のみの「WRX STI Gain New Series. Gray」が登場

2018-05-26

スバルのスポーツ4ドアセダン「WRX」の新型に加え、世界限定250台のみの特別モデル「WRX STI Gain New Series. Gray」が登場。
今回新型として登場する「WRX」は、世界限定750台のみの販売で、クールグレーカーキと呼ばれるボディカラーを追加し、専用クリスタルブラック・シリカバッジを装備。
このモデルには、ブラックフィニッシュの18インチアルミホイールが標準装備され、他にはLEDヘッドライトやボタン式キーレスアクセスシステムを搭載します。

スポンサーリンク

インテリアの変更は限られていますが、ドライバーズシートには、8way式のパワー調整機能を備えた小型レカロシートを含むパフォーマンスパッケージを標準装備。
パッケージ内容としては、ムーンルーフレス、JURIDフロントブレーキパッド、レッドブレーキキャリパカバーが含まれています。

パワートレインとしては、排気量2.0L 水平対向4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力271psを発揮。
トランスミッションには、アクティブトルクベクタリングを備えた6速マニュアルトランスミッションと四輪駆動(AWD)システムを設定します。

もう一つの世界限定250台のみ販売となる「WRX STI Gain New Series. Gray」については、基本的には2019年モデルの「WRX」と同様であるも、ブレンボ製キャリパーを搭載した高性能ブレーキングシステムよってバックアップされた19インチの大口径アルミホイールを標準装備。

そしてBlisteinダンパーと最適性を高めたスポーツサスペンション、超軽量ステアリングホイール、ブラックのレザーボルスター、そして高級感をアップした本革ブラックシートを提供。
最大の変更点としては、新たなダクトと強力なピストン、そして強化されたエキゾースト及び最適化されたECUセットアップによる排気量2.5L 水平対向4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力314psを発揮します。

価格帯としては、2019年モデルの「WRX」が約305万円から、「WRX STI Gain New Series. Gray」は約445万円からの販売となっています。

【関連記事】
スバル「WRX STI」の2019年モデルが一部改良へ。最高出力を僅か5馬力アップ(2018/4/13投稿)
スバル強すぎ。広島にて「WRX STI」と衝突したコンパクトカーは大破、一方のSTIは特に影響なし?!(2018/1/27)
スバル・アメリカが「BRZ tS/WRX STIタイプRA」の価格を発表。最低400万円からのハイパフォーマンスモデルを提供(2017/12/15投稿)
スバルの次期「WRX STI」はハイブリッドエンジンを搭載予定。販売は2020年か(2017/11/15投稿)
限定150台。イギリスにて、スバル最後の「WRX STI ファイナルエディション」が約510万円にて販売(2017/11/2投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう