ホンダの新型「S660 Modulo X」が登場。価格は285万円~ともはや軽自動車の金額ではない件

ホンダが約3年前に販売スタートした軽スポーツモデル「S660」ですが、このモデルにて新たなスポーツグレード「S660 Modulo X」を発表し価格もアップすることが判明。
「S660 Modulo X」は、更なるコアスポーツを意識して設計しており、様々なスタイルのパフォーマンスを行えることが特長となっています。

スポンサーリンク

外観については、より大きな空気の取入れ口を設け、更にはLEDデイタイムランニングライトやアグレッシブなフロントバンパーを装備。
これに加え、ブラックミラーやユニークなリヤバンパー、ガーニーフラップ付のアクティブスポイラーも標準搭載されます。

スポーティなスタイルはこれだけでなく、ボルドーレッドのソフトトップルーフとステルスブラック仕上げとなる15~16インチアルミホイールも設定。

インテリアはブラックとダークローズのツートンレザーとラックススエードを採用し、ステアリングは革製と特別なキャビンを演出しています。
このほかにもハンドブレーキにも革製を用いたり、ボルドーレッドのアックセントを加えたダッシュボード、ツートンデザインに加えてアルミニウムModulo Xバッジを付けたフロアマットも設定。

足回りについては、ダンピング調整を5段階にて行える特別なスポーツサスペンションを装着し、ドライバがより本格的なスポーツドライビングを実施できます。
このほかにも、クロスドリルローターとスポーツブレーキパッドも標準装備され、より強力な足回りを実現しています。

パワートレインについては特に大きな変更はないものの、排気量660cc 直列3気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力64ps、最大トルク104Nmを発揮します。
なお、この個体は来月の6月より販売スタートし、価格帯としては2,850,120円からとマツダ「アテンザ」並に高価となります。

【「S660」関連記事5選】
ホンダ「S660」に試乗してみた。これに乗って一番感じたことは「走り」よりも「煽られること」だ!(2018/5/25投稿)
ホンダ「S660」をリバティウォーク(LB)が過激カスタム。新型スワンネックウィング装着でスポーティに(2018/1/6投稿)
ホンダの軽スポーツ「S660」にKomorebi Editionが登場。価格は208万円、CVTのみラインナップ(2017/10/21投稿)
ホンダ「S660」に特別仕様車・ブルーノレザーエディションが登場。上質なレザーが特徴(2017/5/20投稿)
これはヤバすぎる。ホンダ「S660」専用のリバティーウォーク(LB)キットが公開に(2017/5/16投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう