ときたま見かけるミス表記。今度は2017年式・メルセデスベンツ「C220d」が約4,770万円にて販売中

以前、中古車サイト・カーセンサーにて、レクサスのフラッグシップクーペ「LC500 Sパッケージ」が12,180万円(1.2億円)、2013年式の日産「ノート」が約50,861万円(約5億円)にて販売されるという誤表記がありましたが、今回もちょっとしたケアレスミスながら、メルセデスベンツ「Cクラス」の車両本体が445万円であるにも関わらず、総支払額が4,769.4万円と超高額にて販売中(中古車販売サイト・カーセンサー)。

スポンサーリンク

早速確認してみると、中古車サイトに出品されているのは、ディーゼルターボモデルの「C220dローレウス・エディション」。
「Cクラス」の特別仕様車で、セダンモデルは新車販売価格498万円からと非常にお得な一台となっています。
※ローレウスとは、2000年にリシュモン社とダイムラー社が共同設立した財団の名称で、その名を受けづいだ特別モデル。

ボディカラーは何とも美しいヒヤシンス・レッドに、インテリアは非常にシンプルなブラックを設定しています。
販売元となるのは、ヤナセ・ブランドスクエア名古屋・長久手の認定中古車ということで、走行距離は極めて少ない4,000kmで、おまけに年式は2017年と新しめとなっています。

パワートレインは、排気量2.2L 直列4気筒ディーゼルターボチャージャーエンジンを搭載。

特にこれといった特別な設定がされているわけでもなく、従来販売されているモノと同じで、とても約4,770万円の値が付くほどのものではないと思われます。

インテリアも非常にシンプルなブラック。
純金やダイヤモンドは一切使用していません。

リヤシートもラグジュアリー仕様にカスタムしているわけではないので、やはりこうしてみると、カーセンサー側の明らかな表記ミスであることがわかります。

総支払額は、恐らく477万円程になると思われるこの個体。
一桁違うだけでランボルギーニ「アヴェンタドール」やフェラーリ「812スーパーファスト」が購入できてしまう程の高価な一台となりますが、やはりこの中古モデルを購入検討している人もいることを考えると、些細なミスと言えども人との信頼関係と金額が絡む話であれば、しっかりと対応してほしいのが正直なところです。

【関連記事】
これは珍しいミス。中古車サイト・カーセンサーにて、レクサス「LC500」が”12,180万円(1.2億円)”にて販売中(2018/5/4投稿)
これは酷すぎるミス。2013年式・日産「ノート」の車両本体価格が59.8万円、支払総額は約5億円?!(2018/5/19投稿)
中古車サイトにて、ワイスピ&ドリ車仕様に魔改造された日産「GT-R」が販売中。FR駆動で6速シーケンシャルMTとか変態だろ…(2018/5/21投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう