6月1日販売予定のブガッティ「シロン」レゴブロックがリーク?そのデザインが丸わかりに

先日、レゴ社が事前発表したブガッティ「シロン」のレゴブロック版を6月1日に販売するとの記事を公開しましたが、販売2日前にしてリークした模様。
自動車関連のリーク情報はよく聞きますが、こうしたレゴブロック(自動車絡みというだけで)のリークというのはちょっと驚き。
どの業界においても、どのメーカにおいても情報がリークするということが当たり前になっているのかもしれません(本当はアウトですが…)。

関連記事:ブガッティ「シロン」のレゴ版が6月1日に登場。価格は3万超え確実か?(2018/5/22投稿)

スポンサーリンク

今回のリーク元は、「シロン」のレゴブロック版を購入したとされるスピードチャンピオンメンバーの一人で、レゴブロックモデルの中でも最大の功績と言われるほどの完成度なのだとか。
価格帯については不明ですが、以前発表された「911GT3RS」専用レゴテクニックキットは、後輪駆動を可能とした小型タイプ(しかもPDK搭載?!)で、ブロック数は2,704個、組立て目安時間は6時間、そして取扱い説明書は600ページにも渡ります。これらを以て価格は約3万円と中々に高額でしたが、ブガッティ「シロン」は更に高価になると思われます。

完成度としては中々のもので、「シロン」特有の滑らかな流線形を描きながらも、ブロックの角張った部分も垣間見える等、まさしくおもちゃと実車が融合したユーモラスある一台。
ホイールをブロックで表すのはさすがに難しいですが、それでも再現性は非常に高く、一体どのような素材を採用しているのか気になるところ。

リヤデザインもかなり完成度が高く、シームレスなリヤテールランプ、格納式リヤウィング、リヤバンパー等、こうした細部の拘りもレゴの強みなのかもしれません。

【関連記事】
これスゲェ。レゴ製・ポルシェ「911ターボ」をそのままフルサイズ化してみた(2018/4/17投稿)
車体重量2,000kgで細部もバッチリ。50万個以上のレゴブロックで作られた実物大のトヨタ「カムリ」が登場【動画有】(2018/3/22投稿)
これは斬新。今度はレゴブロック風にラッピングされたランボルギーニ「アヴェンタドール」が登場(2018/1/29投稿)
完成度高過ぎ。日産「GT-R Nismo」をレゴで作製、外観はもちろん内装やエンジンまでも細かく再現(2017/8/15投稿)
工程時間2,000時間。1/1スケールのマクラーレン「720S」をレゴで作る【動画有】(2017/8/5投稿)
これスゲェ!50万個のレゴを使った実物大ホットロッドが登場。しかも自走可【動画有】(2017/2/27投稿)
結構気持ち良い。LEGO版ポルシェ「911GT3RS」を組立てて思いっきりクラッシュさせてみた【動画有】(2017/5/26投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう