マットブラックのランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」をご紹介。過去にマットブラックは何に採用されてた?【動画有】

ランボルギーニのスペシャルセールス・ウーマンであるヘザー・バレンタインさんが、特別カラーのマットブラック系・Nero Nemesis(ネロ・ネメシス)のランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」をご紹介。
Nero Nemesisのカラーといえば、ランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドール」の特別注文色となり、さらにその前には2010年モデルとなる「ガヤルドLP570-4・スーパーレッジェーラ」でも登場しました。

スポンサーリンク

光沢感を無くし、(まるでカーボンのような)マット感を強調させるカラーはランボルギーニのオプションカラーの中でも非常に高価で、その価格にして約120万円~約150万円程。
乗用車が購入できるほどのオプション価格といえますが、このカラーは同社特別オーダーメイドプログラム「アド・ペルソナムシステム」によって実現可能となります。

「ウラカン・ペルフォルマンテ」には、カーボンファイバの中でも更にきめ細かい炭素繊維から作られるフォージド・コンポジットを採用しており、従来の「ウラカン・クーペ」に比べて40kg(1,382kg)もの軽量化に成功しています。
シャシーは、従来モデル同様にアルミニウムとカーボンファイバのハイブリッドシャシーを流用していますが、高剛性でありながら軽量という、まさに美味しいとこ取りの一台。

フォージド・コンポジットコンポーネントは、フロントスカートから大型リヤウィング、リヤディフューザー、そしてインテリアのダッシュボード周り、パドルシフト等あらゆるところに採用。
スプリットスポークの20インチ鍛造アルミホイールやサイドミラー、サイドスカートにはグロスブラックペイントにて処理しています。

上記でも挙げた20インチ鍛造ホイール。
足回りにはカーボンブレーキとレッドカラーのブレーキキャリパカバーを装着します。
「ウラカン・ペルフォルマンテ」より採用されたセンターロック式も非常にクールで、オプションのレッドカラーのセンターキャップがちょっとしたアクセントになっていますね。

インテリアはブラックのアルカンターラを基調とし、レーザーカットメッシュによってレッドのアクセントを引き出しています。
レッドのカラードステッチは、ヘッドレストやダッシュボード、ブランディングなどにも採用されています(何度見てもこのデザインは素晴らしい)。

パワートレインは、排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力640ps、最大トルク600Nmを発揮。
0-100km/hの加速時間は2.9秒で、最高時速は325km/hにまで到達します。

【Delivery of a 2018 Lamborghini Huracán LP640-4 Performante Coupè in Nero Nemesis!!!】

【関連記事】
カナダにて、ロッソ・ビアのランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」が納車。あのセクシーなセールスがご紹介【動画有】(2017/10/28投稿)
かなり細かい。ランボルギーニのセールス・ウーマンが「アヴェンタドールS」をどこよりもわかりやすく・細かく解説【動画有】
ランボルギーニのセールス・ウーマンが、「ウラカン」や「アヴェンタドール」等を”セクシー”に紹介【動画有】

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう