中国メーカ・Huansu Autoがランボルギーニ「ウルス」のパクりモデルを発表。価格は170万円から?!

以前、ポルシェ「マカン」やレクサス「RX」、BMW「i3」等、数多くのモデルをパクッてきた中国メーカ・Zotyeが、ランボルギーニ「ウルス」をモロにパクッたコンセプトモデルを公開。今回、同国の新たな自動車メーカであるHuansu Autoも「ウルス」のパクりモデルを発表したとのこと。

関連記事:パクリ技術健在。中国メーカZotyeが今度はランボルギーニ「ウルス」をパクる(2017/4/13投稿)

スポンサーリンク

Huansu Autoは、北京自動車工業会(BAIC)傘下にあるブランドで、BAICとYinxiang Motorcycle Groupの合弁会社であり、Beiqi Yinxiang Automobileの企業によって製造されています。

Huansu Autoが販売するモデルは、第2層~3層の都市のバイヤーを対象としているために、北京や上海のような最初のトライナーメガ都市ではほとんど見かけることはありません。
そんな中、今回発表された無名のモデルともいえる「ウルス」のパクりモデルですが、来月6月初旬にデビュー予定。

価格は約170万円~約255万円と激安プライスにて販売予定となっており、Huansu Autoの新たなフラッグシップモデルとして登場するとか(中国でのランボルギーニ「ウルス」の販売価格は約5,200万円)。

パワートレインは、排気量1.5L 直列3気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力150hpを発揮するとのことで、基本的にはパワーよりも室内空間を重要視したラグジュアリーモデルとなります。
シートは5席2列シートと7席3列シートをラインナップ予定となっています。

さて、改めて「ウルス」との比較をしてみると、フロントフェイスのY字型を意識たフロントヘッドライトは「ウルス」そっくり。
さすがにエアインテーク周りのY字バンパーのところは作りが複雑すぎて、とても真似ることができなったような印象を受けますね。

次はサイドデザインの比較。

サイドから見るとスタイリングもどことなく似ていますが、密かに見えるリヤテールランプがY字型となっているのが確認できます。
今回はリヤデザインのイメージ画像は公開されていないものの、「ウルス」と酷似している部分は相当に多くありそうですね。

【中国メーカ・関連記事5選】
中国最大手の鉄道メーカ・中国中車(CRRC)が電気自動車を開発→アウディ感ハンパ無いんですけど…(2018/5/18投稿)
無免許でも走れるLSEVスーパーカー?中国製・ランボルギーニ「ガヤルド」とアウディ「R8」(2018/5/17投稿)
コレ許可とった?中国がブガッティ「シロン」丸パクリした3Dプリンタ技術搭載型の低速電気自動車「P8」を販売(2018/5/16投稿)
マツダ「CX-4」をパクッたZotye「Meet5」が遂にアンヴェール。尊敬レベルにモロパクリだった件(2018/4/19投稿)
中国のパクりメーカ・Zotye。ポルシェやBMW、マツダの次はメルセデスベンツをパクる(2018/2/11投稿)

Reference:CarNewsChina.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう