最後のダッジ「チャレンジャーSRT・デーモン」が生産完了。「ヴァイパー」と併せてオークションに出品へ

ダッジのハードコアモデル「チャレンジャーSRT・デーモン」の最後の1台がカナダのBrampton Assembly Plantにて遂に生産完了。

この個体は、1年前にニューヨークモーターショー2017にて世界初公開された究極のガソリンモデルで、0-100km/hの加速時間は当時のガソリン車両最速となる2.3秒、クウォーターマイル(ゼロヨン)は生産車両最速となる9.65秒(時速225km/h)を記録しました。

スポンサーリンク

「チャレンジャーSRT・デーモン」は、排気量6.2L HEMI V型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力851ps、最大トルク1,042Nm(「チャレンジャーSRTヘルキャット」は最高出力716ps、最大トルク881Nm)を発揮。

同車は、生産台数3,300台までと限定されており、今回一番最後に生産された個体は、来月よりアメリカ・コネチカット州に開催されるバレット・ジャクソン・ノースイースト・オークションにて出品される予定で、「アルティメット・ラストチャンスパッケージ」なるオプションが設定される予定となっています。
なお、このオークションでは、同時に生産終了となるダッジ「ヴァイパー」も併せて出品されます。

オークションにて得られた収益金は、100%ユナイテッドウェイに寄付されます。

【関連記事】
そんなパワーで大丈夫か?帝王・マクラーレン「720S」とダッジ「チャレンジャーSRT・デーモン」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/4/3投稿)
前に走れんのか?ダッジ「チャレンジャーSRTデーモン」vs「チャレンジャー・ドラッグパック」がドラッグレース【動画有】(2018/2/27投稿)
悪魔以上の恐ろしさだ。ヘネシーがダッジ「チャレンジャーSRT・デーモン」を1,500馬力までチューン(2018/1/31投稿)
えっ、もう?昨年生産終了したばかりのダッジ「ヴァイパー」が2020年に復活との噂(2018/5/25投稿)
意外にも種類多かった。ダッジ「ヴァイパー」の約50年のデザインヒストリーを約6分の動画にて【動画有】(2018/4/12投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう