パガーニ「ウアイラBC・ロードスター」の開発車両が登場?マッシブ過ぎるリヤウィングも搭載【動画有】

4月末、パガーニのハイパフォーマンス・オープンモデルとなる「ウアイラBC・ロードスター」と思われる開発車両がキャッチされましたが、今回もそのモデルらしき開発車両がイタリアの公道にて目撃されています。
以前の開発車両では、リヤウィングレス(格納式?)が走行していましたが、今回は中々にマッシブなリヤウィングを搭載していることが確認できます。

スポンサーリンク

気になるトップルーフについては、今のところリムーバブルカーボンファイバーを採用したハードトップタイプ(ソフトトップだとファブリック等折り畳みが可能なので収納しやすい)の可能性が高そうですが、取り外したルーフをフロントトランクに収納することはかなり困難。
そもそもロードスターモデルは、”ルーフをオープン”にすることが前提となっているため、スパイダーモデルのように走行中でも自動格納ができる実用性を加味したモデルとは異なるエキゾチックモデルとなります。

これに加えてパガーニの大きな特徴ともいえるのが車体重量で、概ねクーペタイプからスパイダーやロードスター等の派生モデルを設計するとなると、ルーフレスになることから車体フレーム等の剛性を向上させる分、どうしても重量が増加する傾向にあるものの、パガーニはその反対で軽量なカーボンファイバパーツを多用することで車体重量の軽量化を図っています(「ウアイラ・ロードスター」も「ウアイラ・クーペ」より80kgも軽量化していた)。

「ウアイラBC・ロードスター」のパワートレインは、排気量5.0L AMG製V型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力800ps以上発揮すると予想。トランスミッションは、BC専用に設計された7速ATが搭載される可能性が高いです。

なお、生産台数については不明ながらも、「ウアイラBC」が20台の限定モデルであったことを考慮すると、ロードスターも20台となる可能性も。
車両本体価格は約2.9億円以上と言われています。

【Found the First HUAYRA BC ROADSTER Driving on the Road】

【関連記事】
パガーニ「ウアイラBC・ロードスター」の開発車両を遂にキャッチ。800馬力以上のハードトップ?(2018/4/26投稿)
パガーニ「ウアイラ・ロードスター」が遂にアンヴェール。ドアはまさかの横開きだった件【動画有】(2017/3/7投稿)
クーペよりも軽いパガーニ「ウアイラ・ロードスター」。ルーフはダイネーゼと共同開発していた模様(2017/3/4投稿)
パガーニが最速モデル「ウアイラBC・マッキナ・ヴォランテ」をジュネーブMSにて発表。オーナーはランボルギーニ「ヴェネーノ」も所有(2018/3/1投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう