トヨタがイギリス市場向けに「GT86クラブシリーズ・ブルーエディション」を発売。価格は約420万円から

トヨタは、イギリス市場向けに2ドアスポーツクーペ「GT86クラブシリーズ・ブルーエディション」と呼ばれる特別仕様車を発表しました。
この特別モデルは、クラブシリーズの最新モデルとのことで、以前発表されたオレンジエディションの派生版(続編みたいなもの?)となります。

スポンサーリンク

ブルーエディションでは、フロント・リヤスポイラーやリヤディフューザー、ドアミラーハウジング、フロントフォグサラウンド等、コントラストのあるブラックディテールを纏った独特のエレクトリックブルーのペイントが施されています。

足回りについては、10スポークにブラックペイント処理された17インチアルミホイールを装着し、足元を引き締めるためにレッドカラーのブレーキキャリパカバー、そして超強力なブレンボ製ブレーキ、Sachs-Tunedスポーツサスペンションを装着(但し、足回りの装備はパフォーマンスパックと呼ばれるグレードのみ標準装備)。

インテリア画像は公開されていませんが、ブラックレザーとアルカンターラを採用している模様。
その他の機能としては、制限付きスリップディファレンシャルやクルーズコントロール、オートヘッドライト、デュアルゾーン・エアコンコントロール、フロントシートヒータ、LEDフロント・リヤライト、トヨタタッチ2マルチメディアシステムを標準装備します。

パワートレインは、排気量2.0L 水平対向4気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力197hpを発揮。トランスミッションは6速MT又は6速ATから選択が可能。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が7.7秒、最高時速225km/hにまで到達します。

なお、「GT86クラブシリーズ・ブルーエディション」の価格帯は以下の通り。

・「GT86クラブシリーズ・ブルーエディション(6MT)」:約420万円
・「GT86クラブシリーズ・ブルーエディション(6AT)」:約425万円
・「GT86クラブシリーズ・ブルーエディション・パフォーマンスパック(6MT)」:約426万円
・「GT86クラブシリーズ・ブルーエディション・パフォーマンスパック(6AT)」:約445万円

【「86」関連記事5選】
次世代(2021年)モデルのトヨタ「86」/スバル「BRZ」には新エンジンが搭載予定(2018/4/5投稿)
過激チューナ・リバティーウォーク(LB)がトヨタ「86」をカスタム(20218/4/6投稿)
大黒PAにて、ランボルギーニ仕様のトヨタ「86」が目撃。ちなみに改造予算は・・・?!(2018/4/12投稿)
これで本当に大丈夫か?次期モデル・トヨタ「86」/スバル「BRZ」の予想レンダリングが公開(2018/4/21投稿)
スタンスネーション2018にて登場したトヨタ「FT86」風に改造の「MRS」。リヤデザインも完全に「FT86」風にカスタムしていた件(2018/5/15投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう