BMW「Z4 M40i」のティーザー映像が遂に公開。過去の伝統を引継いだ”純粋なロードスター”でデビューへ【動画有】

これまで数多くの開発車両がキャッチされてきたトヨタとの共同開発モデル・BMW「Z4 M40i」のティーザー映像・画像が公開。
昨年「Z4ロードスター・コンセプト」としてプレビューされたこの個体は、現在最終テスト段階に入っており、もうじき公道にて登場することになるとBMWは説明。
また同社は、この「Z4 M40i」が長いフロントフードや短いオーバーハング、低重心且つ伝統を受継いだ自動開閉式ソフトトップの”純粋なロードスター”として直感的に認識できることを約束しています。

スポンサーリンク

今回ティーザー画像にて公開されているレンジトッピングモデルの「Z4 M40i」は、アグレッシブなフロントバンパーとY字型インサートを特長とする独特のグリルを持ち、リヤドアガラス、フロントフェンダー通気口、細目のテールライト、両サイド1本出しデュアルエキゾーストシステム、リヤダクトを確認することが出来ます。

「Z4 M40i」のパワートレインについてですが、非常に強力ともいえる新型直列6気筒エンジンを搭載することが明らかとなっており、馬力については言及していないものの、排気量3.0L 直列6気筒ツインターボエンジン搭載の最高出力385ps前後を発揮すると言われています。

足回りについては、電子的に制御可能となるダンパーを備えたスポーツサスペンションや、新型フロントアクスル、高性能ブレーキシステム、ロッキングリヤデフ、軽量タイプの合金ホイールを装着。

新たに登場する「Z4ロードスター」の付加価値としては、パワーの向上に限らず室内の快適性のキープはもちろんのこと、機敏で正確な走行性能を提供すると自信を示しています。

なお、BMWのサスペンション・グループに属するジョス・ヴァン・アス氏によれば「新型「Z4」は、俊敏性とドライビング・ダイナミクスに適応している。そして、高レベルのボディ剛性と堅牢なサスペンションアタッチメントは、ステアリング精度を向上させるだけでなく、縦方向と横方向の加速度の点で本物のスポーツカーの性能を保証するセットアップも完璧にしている」と説明。
具体的な発表日程については明らかとなっていませんが、今年10月のパリモーターショー2018にて登場することが期待されています。

【2019 BMW Z4 Roadster Teaser】

【関連記事】
BMW・新型「Z4 M40i」の開発車両がテスト走行。同じBMWエンジンを搭載する「X3 M40i」とはサウンドが異なる?【動画有】(2018/5/20投稿)
BMW・新型「Z4ロードスター」のインテリアが遂に公開。メータ類はやはり最新のシステム7.0を採用(2018/4/20投稿)
BMWの最新オペレーティングシステム7.0が明らかに。最新モデル「8シリーズ/Z4」に搭載へ(2018/4/20投稿)
これは楽しみ。BMW「8シリーズ」のデビューは6月15日のル・マン耐久レースで決定(2018/4/8投稿)
BMW「Z4ロードスター」の世界デビューは今夏?10月のパリオートショーは確実に(2018/3/15投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう