これで出たら売れる?!イタリアのコーチビルダーがアルファロメオ・次期「4C」のレンダリングを公開

2018-06-06

アルファロメオは、先日の2018年~2022年の5カ年計画の中で、次期「4C」ないしは後継モデルに関する更新を行わないことを明確にしていますが、Adler GroupやUmberto Palermo’s Up Designと呼ばれるコーチビルダーが、よりスポーティで魅力的なコンパクトスポーツモデルのレンダリング画像を公開しました。

スポンサーリンク

このコンセプトデザインは、「4C」の外観を大きく踏襲しながらも、同社の4ドアスポーツセダン「ジュリア」等のデザイン言語も取り入れいたアグレッシブなスポーツ2ドアクーペとなります。
特にフロントアンダーに設けられたエアインテークに組込み式のLEDフォグランプとターンシグナルランプ、外側にこんもりと突き出たフェンダー、奥行きを設けることで立体感を強調させるLEDフロントヘッドライト、そしてアルファロメオの象徴ともいえる盾形グリルが設定されていますね。

リヤデザインについては、フェンダーのインテークが縮小するも、ルーフには大きなインレットが組み込まれています。
バックグラスの小さなルーバーには、ドライバから見る僅かな後方視界用として付与するも、実用性は完全無視といったところ。

シャープエッジのテールライトハウジングについては、現在のラウンドデザインに取って代わるものですが、これもまた非常に攻撃的でオシャレですね。
両サイド2本だしとなるクワッドエキゾーストパイプについては、「ジュリア・クアドリフォリオ」でも見かけるようなデザインとなっています。

インテリアはかなりスパルタンですが、淡い茶色のタンとブラックのツートンが何ともアダルティ。
デジタル機器のディスプレイを搭載しますが、無駄なもので配置スペースと重量をとらないためにインフォテイメントディスプレイは搭載していないのかもしれません。
パッと見ではありますが、カーボンファイバパネルを”ここぞとばかり”に流用している感じには見えず(サイドシルには使用している)、どちらかというとレザーを多用しているようにも見えます。

なお、パワートレインについての詳細は不明ですが、恐らく既存の「4C」と同様に排気量1.75L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力237hp、最大トルク350Nmを発揮、パフォーマンス性としては、0-100km/hの加速時間が4.1秒、最高時速は258km/hにまで到達すると予想されます。

【Alfa Romeo Mole Costruzione Artigianale 001】

【アルファロメオ関連記事5選】
あの「8C/GTV」がパワーアップで復活だ。アルファロメオが2018年~2022年のロードマップを公式公開(2018/6/1投稿)
アルファロメオ・次期「8C」の予想レンダリングが早速公開。エンジンはやっぱりV8ツインターボ?(2018/6/5投稿)
Pogea Racingがフェラーリに続いてアルファロメオ「4C」もカスタム。477馬力の過激スーパースポーツに(2018/4/25投稿)
それぞれ限定108台のみ。アルファロメオが特別限定モデル「4C」”コンペティツィオーネ”と”イタリアスペシャル・エディション”を発表(2018/3/1投稿)
モナコのあのトンネルにて、アルファロメオ「4C」が豪快パフォーマンス。相変わらずギャラリーも多数【動画有】(2018/2/15投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう