これマジ?トヨタ・新型「スープラ」のアメリカ販売価格は約700万円から

今年の10月に開催されるパリモーターショー2018にて登場予定のトヨタ・新型「スープラ」のアメリカでの販売価格が判明。
スープラMKVフォーラムからの情報によれば、新型「スープラ」には排気量3.0L 直列6気筒ターボ茶チャージャーエンジンを搭載し、最高出力335hp、最大トルク500Nmを発揮することはほぼ確定的で、更にアメリカの販売価格としては約700万円からであることが明らかとなっています。

この価格帯は、ポルシェのエントリーモデル「718ケイマン」の約625万円から「718ケイマンS」の約762万円の中間価格といったところですが、かなり攻め込んだ価格設定となっており、購入層も相当に限られてくるのでは?との意見も多数。

スポンサーリンク

デザインとしては、これまで得られた情報をまとめてみると、19インチの2トーンカラーとなる5スポークアルミホイールを装着。

インテリアにおいては、デジタルゲージクラスターやBMWのiDriveインフォテイメントシステムに新しいスキン、BMWステアリングホイールを搭載する予定となっています。
また、トヨタのラグジュアリーブランド・レクサスの品質も取入れる可能性が高く、その中にはヘッドアップディスプレイも含まれるのだとか。

その他の機能性については、衝突前警告システム(クリアランスソナー)やパーキングアシストシステム、車線逸脱防止システムといったセーフティサポートを標準装備。
パワートレインについては、上記にもある通りBMW「Z4(M40i)」と共通となる排気量3.0L 直列6気筒ツインターボエンジンを搭載することが確定しています。

【「スープラ」関連記事5選】
トヨタ・新型「スープラ」の開発は2012年からスタート。BMWとの開発コンセプトに大きな温度差もあった模様(2018/6/2投稿)
一体どれが本当?今度はBMW「M4GTS」のホイールを履いたトヨタ「スープラ」の開発車両をキャッチ【動画有】(2018/5/8投稿)
トヨタ・新型「スープラ」には、BMW製エンジンを供給へ。各国でのエンジン出力も大きく異なる模様(2018/4/22投稿)
トヨタ・新型「スープラ」は決して安くないスポーツカー!日本製&ハイブリッド無し&価格は300万円から(2018/4/18投稿)
トヨタ・新型「スープラ」のインテリアをキャッチ。メータ類は全てデジタル式に(2018/4/12投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう