欧州メーカ >ポルシェ

ポルシェ「919ハイブリッドEvo」がニュルをテスト走行で6分20秒をマーク。本気出せば5分台は確実?!【動画有】

以前より注目されていたポルシェのハイブリッドレーシングモデル「919ハイブリッドEvo」。
この個体は、2015年から2017年にて開催されたル・マン24時間耐久レースやWEC世界耐久選手権を制した「919ハイブリッド」をベースとしたハードコアモデルで、空力特性や足回り、パワートレインを大幅に改良したアルティメットタイプとなります。

今回、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェでのトップを掛けたラップタイムが計測されるわけですが、このコースでの世界最速記録を樹立しているのは1983年にポルシェ「956C」がマークした6分11.13秒となります。

スポンサーリンク

ただ、今回ユーチューバーのMisha Charoudin氏が公開している「919ハイブリッドEvo」のテスト走行ラップについて、他の車両がテスト走行しているにも関わらず、ラップ計測を実施したところまさかの6分20.20秒を記録。

非公式且つ全然本気出してない走りにしても、この記録は驚異的で、市販車両最速と言われているポルシェ「911GT2RS」の6分47.3秒をいとも簡単に更新しちゃってますね。
※以下は、ニュルブルクリンクでの市販車両ラップレコードランキング

【ニュルブルクリンク・ラップレコードランキング(市販車両)】
1. ポルシェ「911GT2RS」・・・6分47.3秒
2. ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」・・・6分52.01秒
3. ポルシェ「918スパイダー」・・・6分56.08秒
4. ポルシェ「911GT3RS」・・・6分56.4秒
5. ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」・・・6分59.73秒

今回のテスト走行と「911GT2RS」の結果をもとに、Misha Charoudin氏は「919ハイブリッドEvo」が最も速く走行できるであろう条件(今回のテスト走行では気温50度と非常に悪条件)と、他車が走行していないことを前提とした条件からラップタイムを算出したところ、5分9秒というとんでもない記録をたたき出すのでは?との期待が込められています。

なお、今回ノルドシュライフェでのラップタイムに挑戦するのは、ポルシェ・ワークスドライバに属するティモ・ベルンハルト氏で、ニュルブルクリンク24時間耐久レースやポルシェ・カレラカップ・ドイツ選手権、デイトナ24時間レース、プチ・ル・マン LMP2/GTクラス、セブリング12時間レース、ALMS LMP2/GTクラスを総ナメにした名ドライバでもありますね。

【PORSCHE 919 EVO: THE NÜRBURGRING IN UNDER 5 MINUTES?】

【関連記事】
ポルシェ「911GT3RS」のニュル正式ラップタイムは6分56.4秒にて確定。タイム確定の瞬間の動画も公開【動画有】(2018/4/21投稿)
ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」vsポルシェ「911GT2RS」が禁断のラップタイムへ。勝つのはどっちだ【動画有】(2018/12/7投稿)
ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」のニュル正式記録が6分52秒01で確定。正真正銘ニュル最速に【動画有】(2017/3/3投稿)
ポルシェが快挙。「911GT2RS」がニュルブルクリンクでの記録6分47.30秒で最速記録樹立【動画有】(2017/9/27投稿)
ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」最強伝説。ハンドリングにおいてマクラーレンやポルシェを抑えて堂々1位に(2017/10/14投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-欧州メーカ, >ポルシェ
-, , ,