日本メーカ >トヨタ/レクサス

イギリス・トヨタがル・マン24時間耐久レースに敬意を表した特別モデルを公開【動画有】

イギリス・トヨタが、ル・マン24時間耐久レースを象徴とする特別なデザインカラーに身を纏った「GT86」を3台公開しました。
今回特別にデザインされた3台は、今後のル・マン24時間耐久レース用に製造されることも走行することもありませんが、非常に興味深いデザインに仕上げられています。

スポンサーリンク

一つ目のデザインは、1992年に登場したグループCの新規定に合わせて設計された「TS010(Toyota Sport 010)」というモデルで、F1チックな風貌に排気量3.5L V型10気筒エンジンを搭載し、最高出力700hpを発揮するハイパフォーマンスモンスターとなります。

こちらは、1998年に登場した「GT-One TS020」。
当時GT1規定に該当するグランドツーリングカーとされていましたが、実際のところはプロトタイプレーシングカーとして登場。
最高速は1998年のル・マンにて343km/hを記録し、1999年には351km/hを記録するほどにバカっ速でした。
パワートレインは、排気量3.6L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力700hpを発揮します。

最後の過激なデザインは、2016年のFIA世界耐久選手権(WEC)用に開発されたプロトタイプモデルの「TS050ハイブリッド」。
パワートレインは、排気量2.4L V型6気筒ツインターボエンジン+電気モータ(前輪+後輪にモータ各1基)を搭載し、システム総出力は1,000psを発揮します。
※前輪ハイブリッド・モータ&インバータにはアイシン・エイ・ダブリュ工業製、後輪ハイブリッド・モータ&インバータにはデンソー製とそれぞれメーカが異なっているのも特徴。

なお、これらのモデルにはレースカーに特化したハイダウンフォースエアロパッケージとリヤウィングが装備され、ステンレススチール製のMiltek Sportエキゾーストシステムと、レーシングホイールのデザインを再現する特殊リムを装備しながらも、スプリングレートを約40mmローダウンしているとのことです。

【24 Hours of Le Mans: Toyota GB's GT86 Tribute】

【「86」関連記事5選】
トヨタがイギリス市場向けに「GT86クラブシリーズ・ブルーエディション」を発売。価格は約420万円から(2018/6/1投稿)
スタンスネーション2018にて登場したトヨタ「FT86」風に改造の「MRS」。リヤデザインも完全に「FT86」風にカスタムしていた件(2018/5/15投稿)
これで本当に大丈夫か?次期モデル・トヨタ「86」/スバル「BRZ」の予想レンダリングが公開(2018/4/21投稿)
大黒PAにて、ランボルギーニ仕様のトヨタ「86」が目撃。ちなみに改造予算は・・・?!(2018/4/12投稿)
過激チューナ・リバティーウォーク(LB)がトヨタ「86」をカスタム(2018/4/6投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-日本メーカ, >トヨタ/レクサス
-, , ,