自動車盗難情報局より、トヨタ「80スープラ」が無断駐車&放置されている模様。早く取り行かないと海外にて売却されるぞ!

自動車盗難情報局より、シルバーカラーのトヨタ「80スープラ」が6月8日朝頃から無断で駐車され、現在まで放置されているとのこと。
場所の詳細は不明ですが、「80スープラ」のナンバーが川越であることから、埼玉の可能性がありそうですね(それでもザックリしていますが…)。
一体どのような目的でこの場所に放置されているのかは不明ですが、早めに取りにいかないと海外にて転売される恐れがありそうです。

スポンサーリンク

このモデルは、1993年から生産スタートとなったモデルとなるため、今年の2018年を以て「25年経過」することとなります。
そのため、JDM(Japanese Domestic Market)と呼ばれる日本国内仕様モデル(アメリカ仕様にて元々輸出された「スープラ」とは別)が、アメリカにて独自に作り上げた”25年ルール(新車として製造してから25年間はアメリカに輸入してはいけない)”の解禁年となるため、一挙に日本からアメリカへと輸出される可能性が高くなり、更にそのモデルの価値が一気に上昇することが見込まれています(現に日本市場向けスカイラインの盗難被害に加えて、アメリカにて高額取引されている)。

以前、栃木県にて「80スープラ」の盗難被害が報告されていますが、恐らくこのモデルも”25年ルール”の解禁によって輸出を対象としたモデルと思われるため、確実な盗難対策を行っていく必要性が有りそう。

なお、2018年から”25年ルール”が解禁されるモデルはトヨタ「80スープラ」以外にもアウディ「S2」やポルシェ「968クラブスポーツ」、ロータス「エスプリ・スポーツ200」、ルノー「クリオ・ウィリアムズ」、メルセデスベンツAMG「SL60」、「クーペフィアット」、スズキ「キャラ(CALA)」、日産「シルビア(S14)」、三菱「ランサー・エヴォリューションⅡ」等も対象となっています。


【関連記事】
人気高いトヨタ「スープラ」が栃木県にて盗難被害。かなり珍しい社外カラーにて塗装(2018/5/2投稿)
ポール・ウォーカー氏の弟であるコディ・ウォーカー氏がジェイレノ・ガレージに登場し、トヨタ「スープラ」インプレッション【動画有】(2018/5/16投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう