その価値1.5億円以上?!イングランド南部にある謎のコンテナからフェラーリ「250GTO/デイトナ/F40」等の希少なスペアパーツが発見される

6月29日に行われるCoysオークションにて、何とも珍しいフェラーリのクラシックモデル等大量のスペアパーツ(ホイールやクラッチ、ラジエータグリル、ダッシュボード内に消火器等)達が出品されるとのこと。
この大量のスペアパーツは、イングランド南部にある謎のコンテナから発見されたとのことで、全て合算するだけでも最低1.5億円以上の価値があるのでは?と噂されています。

スポンサーリンク

ちなみに、コンテナから見つかったスペアパーツには、フェラーリ「250SWB/250GTO/275/デイトナ・コンペツィオーネ/F40/512LM」といった超希少モデルや、マセラティ「250F」など今では入手することが困難なモデルたちばかり。

一体なぜ、これだけの希少なモデルたちがコンテナから発見されたのかは不明ですが、全てのパーツが木製の梱包ケースに包まれていたことを考えると、盗難されたパーツの可能性もありそう。

いずれにしても、これだけの希少パーツを集めたものは、他には存在しないと思われ、上記の通り開催されるCoysオークションでは、とんでもない額で落札されるのではないかと思われます。

【関連記事】
日本の納屋で40年間眠っていたボロボロのフェラーリ「デイトナ」がオークションにて出品。予想落札価格は驚異の?!(2018/8/26投稿)
【僅か13台のみ】フェラーリ「166MM/53」がオークションにて登場。予想落札価格は何と6.3億円(2018/2/4投稿)
超希少4気筒モデル。1953年式のフェラーリ「625タルガ・フローリオ」がオークションにて登場、予想落札価格は?(2018/4/16投稿)
フェラーリ「F12tdf」を生み出すきっかけにもなった「250tdf」がオークションに登場。予想落札価格は10億円也(2018/5/2投稿)
フェラーリ「250GTO」が驚異の88億円にて落札。5年後には100億円以上で売却されることも確実に(2018/6/3投稿)

Reference:auto_classics

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう