マツダ「ロードスター/MX-5」がパワーアップ。エンジン出力181馬力、レッドラインは7,500rpm

マツダの2シータオープンスポーツモデル「ロードスター/MX-5」が、7月26日に大幅改良して登場。
元々搭載される排気量2.0L 直列4気筒SKYACTIV-Gエンジンのエアインテークや新型シリンダーヘッド、ピストン、コネクティングロッドを重量削減・性能向上といった大幅改良が施されます。

スポンサーリンク

改良されるエンジンは、現行モデルから15%以上の馬力向上により、最高出力184ps、最大トルク205Nmを発揮(元々は最高出力157ps、最大トルク200Nm)。
更に回転数のレッドゾーンも6,800rpm→7,500rpmにまで到達しますが、今回のエンジン改良により環境にも優しく、おまけに燃費も向上しているのだとか。

一方で、下位グレードの排気量1.5L 直列4気筒SKYACTIV-Gエンジンは、2.0Lユニット向けに開発された燃焼技術を活用することで、こちらも最高出力132ps、最大トルク152Nmまで向上(もちろん、環境性能と燃費も向上)。

追加変更は限られていますが、新しいテレスコピックステアリングホイールと改訂されたTFTディスプレイを採用。
こちらは有償オプションとなりますが、ブラウン系のソフトトップやタン革のインテリア、ブラックメタリックアクセントの16インチアルミホイールの選択も可能となっています。

安全装備については、既に標準装備されるクルーズコントロール等の他に、高度なスマートシティブレーキサポートと車線逸脱警告システムも搭載されます。
価格帯としては、2,554,200円~3,812,400円となります。

【「ロードスター/MX-5」関連記事】
イギリス専売モデルのマツダ「MX-5/ロードスターRFスポーツブラック」が販売スタート。価格は約390万円から(2018/4/28投稿)
これマジ?2019年モデルのマツダ「ロードスター/MX-5」が+50馬力アップの181馬力になるかも?(2018/4/10投稿)
マツダ「ロードスター/MX-5」がアップデート。エンジン強化で181馬力に(2018/3/2投稿)
マツダの初代「ロードスター/MX-5」のレストア受付開始。東京オートサロンではレストア説明会も開催(2017/12/17投稿)
マツダが限定300台のみの「ロードスター/MX-5 Zスポーツ」を発売。但し、イギリスのみでの販売だ(2017/12/9投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう