450台限定のスバル「S208」納車当日の事故後→ディーラ店長は謝罪せず、場所は多分岐阜っぽい

先日、限定450台のみの希少モデル・スバル「S208 NBRチャレンジパッケージ・カーボンリヤウィング」が納車当日にディーラ側の不手際で事故し、その後のディーラ店長の対応が”あまりにも酷い”と大きな話題を呼びましたが、今回その後の店長の対応が更に悪化しているとのこと。

関連記事:450台限定のスバル「S208 NBRチャレンジ・パッケージ」がディーラの不手際で納車当日に事故。その後ディーラ店長の対応が大きな話題に(2018/6/8投稿)

スポンサーリンク

【そもそも納車当日に何が起きた?】
5月某日、スバル「S208」が待望の納車ということで、この個体のオーナーは、スバルディーラに積載車(ローダー)に積んで自宅に搬送するように依頼。

しかし、その車両が移動途中に突如急ブレーキしてしまったことが原因で、積んでいた「S208」のフロントが慣性の法則により、車輪止めを越えて積載車にぶつかってしまったのだとか。
本来であれば、急ブレーキをしてもしっかりと車輪止めを超えないようにワイヤの張りを強くするものですが、今回の事故はそのワイヤー止めが甘かったことが大きな原因といわれています。

【事故語のスバルディーラの対応は?】
事故当日、スバルディーラの営業マン一人だけオーナーの自宅に。
この日、店長は会社の表彰式でオーナーのもとには駆けつけず、更には店長からの連絡は一切なかったとのこと。
事故後翌日、営業マンと店長が自宅に訪問し、店長から「値引きが無いので20万円引きますよ」と、修理して再度納車することを要求。
この対応に腹を立てたオーナーは、「S208」をキャンセルしたと言います。

そして、以下がその後のスバルディーラの対応となっています。

本日s208の納車事故から約二週間ほどたちましたが…。
納車事故の次の日以来店長から何も連絡が無いのでスバルディーラーに行って来ました。

私はこれからの方向性を決めたかったのですが店長からの言葉は…。

今日お金返しますからサインして下さいと言われました…。

私はえ?何それって話しましたら方向性はお金を返してからですと。
お金を返して終わりみたいな感じでしたので…。
しかも全く反省なんてしてない

私はお金を引き取らずにいたらもう書類が終わり後お金返すだけで一旦白紙にと言われました。
しまいには車をぶつけてしまった営業マンが居る前でお前は首だ❗って始まりました…。
台車は?と聞くと営業マンの車を貸すとかもうぐちゃぐちゃでした…。

今日は日曜日。
s208は私も楽しみにしてましたが一番楽しみにしてたのは私の子供です。
店長にまだ私の子供に謝ってないですよね?って話したらとぼけるし今日は日曜日なんで子供にスバルディーラーに行こうって話したら行きたくない❗と言われましたが私が今日は絶対店長が謝るから行こうってやっと説得したのですが店長からは子供に謝罪もなく…。

もうこの店長は…。

小学3年生の心はズタズタ❗帰る時も他の客の方に行ってしまい営業マンに見送られ帰りました…。
流石に子供を馬鹿にした事は許せないので今色々考えてます。

以前の店長の対応も相当に酷かったですが、今回の対応は正直言って論外。
車を購入して頂いたお客様への対応とは思えぬ対応ですね。
「全額返金するから、今回のことは全て流してくれ」と言わんばかりの対応。
一方的な罪滅ぼしのようにも思えますが、”自分は一切関係ない”と突き放したかのような対応が車の魅力だけでなくスバルメーカ全体の魅力を損なう原因にもなってしまうと私は考えています。
オーナーの気持ちだけでなく、その子供の気持ちまでも引き裂いてしまう店長の対応は許されるものではないですし、こういった問題が二度と起きぬように、スバルディーラ内にて早急に改善を図った方が良いのでは?とも思ったりします。

なお、このオーナーのブログには今は記載されていませんでしたが、以前拝見した際は、岐阜県のディーラにて購入されたとの記録がありました。
現在特定はできないにしても、いずれディーラ名が公開される可能性は高そうです。

Reference:https://minkara.carview.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう