2019年モデル・ポルシェ「マカン」の追加情報。「カイエン」にも搭載の安全機能が標準装備される?

ポルシェの2019年エントリークロスオーバーモデル「マカン」のフェイスリフト版の開発車両を改めてキャッチ。
先月の5月にも目撃されているこちらの個体、そのときにはダウンサイジングターボエンジンを搭載することが判明していますが、今回は新たな装備が加わることが発覚しています。

スポンサーリンク

今回も特徴あるグリーンカラーのカモフラージュにて施されていますが、四眼式LEDフロントヘッドライト(近年のポルシェの特徴)、フロントバンパーはほぼほぼ見通しが立っているようにも見えますね。

リヤデザインについては、センターまでつながるセンターストリップ式ではないものの、このまま量産デザインへと移行されるかは不明(個人的には「カイエン」に近いデザインにしてほしい)。

機能性においては、「パナメーラ」同様に新たなポルシェ・コミュニケーション・マネジメント(PCM)システムと高解像度タッチセンシティブディスプレイ、ハイエンドオーディオシステム、更には新たなマテリアルオプションや、トリム、ホイール、新色等も(有料オプション?にて)選択が可能となっています。

安全装備については、新型「カイエン」にも利用されているナイトビジョンアシストやレーンチェンジアシスト、レーンキープアシスト、交通渋滞アシスト等の新たなドライバアシスト機能が搭載される可能性が高そうです。

パワートレインについては、ベースモデルとなる排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力248hp→300hpへとアップグレードする模様。
「マカンS」は、新型「パナメーラ」にも搭載の排気量3.0L V型6気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力335hp→355hpへとアップグレードするかも?との噂があります。
そして最後に「マカン・ターボ」については、現在の排気量3.6L→2.9L V型6気筒ツインターボエンジンへと置き換えられる予定となっています。

フェイスリフト版の「マカン」は、9月に開催のフランクフルトモーターショー2018にて登場予定となっています。

【関連記事】
2019年モデル・ポルシェ「マカン」のフェイスリフト版はコレだ!エンジンは3.0L→2.9Lと3.6L→3.0Lにダウンサイジング化(2018/5/5投稿)
ポルシェ「マカン/カイエン」のディーゼルモデルが6万台以上の大規模リコール。予想通り排出ガスに問題有り(2018/5/21投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう