世界限定210台のみ&価格は約2,600万円から。アストンマーティン「ラピードAMR」がようやく解禁

アストンマーティンのハイパフォーマンスモデルで、AMRモデルとしては2番目(1番目は「DB11 AMR」)となる「ラピードAMR」が遂に登場。
昨年のスイス・ジュネーブモーターショー2017にて展示されたコンセプトカーベースの「ラピードAMR」は、排気量6.0L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、欧州仕様では最高出力603ps、最大トルク630Nmを発揮(他国では最高出力588psにチューニング調整)。

スポンサーリンク

外観としては、空力特性を更に向上するために調整されたデュアルダクト・ランナを備え、より大きな吸気マニホールドを設定。
パフォーマンスとしては、エンジンと8速ギアボックスが再校正されたことで、0-100km/hの加速時間が4.4秒→4.2秒に短縮し、最高時速は330km/hにまで到達します。

また、「ラピードAMR」の加速性能を向上させるために、3モードアダプティブダンパーや10mmのローダウン、そして強力なブレーキング性能を向上させるためにカーボンファイバセラミック製のブレーキディスクを装着。

その他には、ブラックの軽量メッシュグリルやカーボンファイバ製フロントスプリッター、ボンネット、サイドシル、リヤディフューザー、グロスブラックサイドストレーキ、ウィンドウサラウンド、ブラックエキゾーストチップ、21インチマルチスポークホイールを設定。

機能性においては、自動折り畳み式の加熱式サイドミラー、オートセンシングヘッドライト、雨滴検知ワイパー、フロント・リヤパーキングセンサ、リバースカメラを搭載。

インテリアについては、6.5インチLCDスクリーン搭載型Ami ⅢインフォテイメントやApple CarPlay、Android Auto、Bluetooth、Caihnessレザーコントラストステッチ、カーボンファイバトリム、AMRライム、ガリーナシルバーのハイライト付アルカンターラ、カーボンファイバパドルシフター、リヤグラブハンドル、ガレージ・ドア・オープナー、セカンドガラスキー、パラソル、Bang&Olufsenプレミアムサウンドシステムを標準装備。

その他には、21インチの特注アルミホイール、カーボンファイバミラーキャップ、サイド・ストラクチャー、テール・ライト・フィル、ドアハンドル、ウィング・バッジ、プライバシーガラス等も標準設定されています。

なお、この個体の価格は、アメリカでは約26,400,000円、ドイツでは29,770,000円、イギリスでは約28,680,000円からの販売となり、生産台数は僅か210台、出荷時期は2018年の第四四半期からとなります。

【関連記事】
アストンマーティンがニュルブルクリンクにて新たなAMRパフォーマンスセンターをオープン。10年前から既にテストセンターを開設済(2018/5/14投稿)
アストンマーティン「DB11 AMR」登場。世界限定100台のみ、エンジン出力630馬力、0-100km/hの加速時間は3.7秒(2018/5/12投稿)
アストンマーティンのHPから「DB11 AMR」の表記をうっかリーク→すぐさま削除するも手遅れ状態に(2018/5/5投稿)
世界限定210台&トップスピード340km/h。アストンマーティン「ラピードAMR」が年内デビューへ【動画有】(2018/4/26投稿)
パワーウェイトレシオは1kg/ps以下?!アストンマーティン「ヴァルキリーAMR Pro」がジュネーブにて公開(2018/3/8投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう