外装だけでなくシートもイタリアントリコローレ。特別な顧客のみがオーダーできる”Piloti Ferrari”仕様のフェラーリ「488ピスタ」がデビュー

ル・マン24時間耐久レースにて、フェラーリのテーラー・メイド・プログラムの中で最新ともいえる特別仕様の「488ピスタ」がデビュー。
この特別仕様の「488ピスタ」は、フェラーリのレースカープログラム(「FXX/FXX K」といったレーシングモデルを所有するような最重要顧客が対象)に参加していない限り、オーダーすることができないスペシャルエディションとなります。

フェラーリのテーラーメイド部門がデザインした「Piloti Ferrai」仕様の「488ピスタ」は、既にデザインが決定されていますが、従来顧客がオーダーできるテーラー・メイド・プログラムとは全く次元が異なっていますね。

スポンサーリンク

早速ボディカラーを確認していくと、”Argent Nurburgring(グり0ン系)”や”Nero Daytona(ブラック系)”、Blu Tour De France(ブルー系)、そして伝統的ともいえるRosso Corsa(レッド系)の4色のオプションカラーにて塗装されています。

これだけの多彩な純正カラーを用いた「488ピスタ」は、間違いなくこの「Piloti Ferrari」仕様だけ。

ドアサイドパネルには、FIA世界耐久選手権(WEC)2017年にて登場のAF Corse No.51に由来しており、アレッサンドロ・ピア・ギディ選手とジェームズ・カラード選手によって優勝した名誉ある番号でもありますね。
また、その他にはマットブラックにて仕上げられたSダクトと、カーボンファイバを用いたリヤスポイラーも特別仕様にて仕上げられています。

インテリアはとにかくクールの一言。
ブラックのフルアルカンターラシートに、背もたれの中央のバンドに埋め込まれたイタリアン・トリコローレが何ともオシャレ。
この発想は無かったと言わんばかりのアイデアですね(今後の特別トレンドになりそう)。

このイタリアントリコローレは、ステアリングホイール後ろのギアパドルシフトにも採用されています。

なお、この特別モデルは今週末にフランスにて開催される第86回ル・マン耐久24時間レースにて特別展示される予定です。

【「488ピスタ」関連記事6選】
最終調整?フェラーリ「488ピスタ」が高速道路走行しているところをキャッチ【動画有】(2018/6/15投稿)
【やっぱり出てきた】納車していないフェラーリ「488ピスタ」が早くも転売。価格は新車の約1.7倍となる約6,800万円(2018/6/6投稿)
フェラーリ「488ピスタ」のV8エンジンがインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー賞を受賞(2018/6/6投稿)
遂に最速記録更新。フェラーリ「488ピスタ」の0-100km/h加速時間2.26秒を記録(2018/5/29投稿)
フェラーリ「488ピスタ」がスパ・フランコルシャンに登場。リフトアップした姿も動画にて【動画有】(2018/5/15投稿)
6月30日(土)~7月1日(日)は富士スピードウェイへ!フェラーリ「488ピスタ」と日本限定「J50」が登場だ!(2018/4/28投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう