トヨタが「GRスーパースポーツ」をベースにした「スーパースポーツ」を開発模様【動画有】

今年初めに開催された東京オートサロン2018にて、トヨタのモータースポーツ部門であるToyota Gazoo Racing(TGR)が、スポーツモデル「GRスーパースポーツ・コンセプト」を発表しましたが、本日開催中のル・マン24時間耐久レースにて、同社は「GRスーパースポーツ」をベースとした次世代スーパースポーツカーを開発する計画を発表しました。

詳細についてはまだまだ明らかとなっていませんが、次なる生産モデルは既に開発中とのことで、世界耐久レース向けのチームによって過去6年間に渡りテストして洗練した最先端ハイブリッド電気システムと燃費技術を持ってリリースするとのこと。

関連記事:トヨタからGRスーパースポーツコンセプトが発表。V6ハイブリッドで1,000馬力を発揮だ(2018/1/12投稿)

スポンサーリンク

今回の次世代モデルに関して、Gazoo Racing社CEOの友山茂樹氏は、「世界のエンデュランス・チャンピオンシップにて最も厳しいモータースポーツシリーズのコンペとル・マンレースでは、世界をリードするハイブリッド技術の発展を促進し、私たちのノウハウと技術を上手く取り込んでいく。自動車業界が”大きな変化の時代に近づいている”」と説明。

生産モデルの発表時期については言及していませんが、近い将来、顧客はこのクレイジーなマシンのデザインとパワー、そしてドライビングパフォーマンスを体感するチャンスが得られるでしょう。

なお、東京オートサロン2018にて発表された「GRスーパースポーツ」のパワートレインは、排気量2.4L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、トヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)とペアになっていることから、システム総出力1,000psを発揮するといわれています。
次世代モデルは、これよりも更にパワーアップすることが予想されていますが、果たして如何に?

【GR Super Sport Concept】

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう