またまた最高速更新!シボレー「コルベットZR1」が341km/h→346km/hを記録した件【動画有】

以前、アメリカの自動車メーカ・シボレーのハードコアモデル「コルベットZR1」が、ドイツのテストトラック・Papenburgにてトップスピードチャレンジを実施した結果、同社が公式発表した最高時速338km/hを3km/hも上回る平均最高時速341km/hを記録した記事をご紹介。

今回新たに、ドイツのPapenburg(周回12.3km)にて最高速チャレンジを行ったところ、最高時速341km/hをまたまた上回る345.81km/hにまで到達したことがわかりました。

スポンサーリンク

ただ、この最高速はあくまでも単体での記録であって、以前同様に2回計測→平均しての記録となると、2回目の計測結果は338.28km/hにしかならなかったため、この2つの数値を平均すると342.04km/hという結果に(それでも、前回の平均最高速を上回っているとかどんだけ…)。

「コルベットZR1」が、こうした記録を生み出せる理由としては、カーボンファイバフードと空力ボディキット、4つの新ラジエータを備え、更にはローウィングエアロパッケージを装着することで走行性能を向上させ、更にはその上の次元に到達するためにZTKパフォーマンスパッケージを設定していたことが起因しています。
※ZTKパッケージについては、フロントスプリッターやリタニングサスペンション、ミシュラン製パイロットスポーツ2タイヤ、約430kgのダウンフォースを発生する調節可能なハイウィングを設定します。

「コルベットZR1」の最高時速は、フェラーリ「488GTB」やランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」、マクラーレン「720S」を圧倒している上に、最もコスパの高い一台。他のモデルは3,000万円以上の価格になるのに対し、「コルベットZR1」は1,500万円以下にて購入することが可能です。

「コルベットZR1」のパワートレインは、排気量6.2L LT5のイートン製V型8気筒エンジンを搭載し、最高出力765ps、最大トルク968Nmを発揮。トランスミッションは7速MT又は8速ATのいずれかが選択可能となっています。なお、最高時速338km/hまで到達しますが、今回のチャレンジによりそれ以上のスピードを発揮できることを証明していますね。

【2019 Corvette ZR1 Reaches Top Track Speed | Chevrolet】

【「コルベットZR1」関連記事】
公称値よりも速い!シボレー「コルベットZR1」の平均最高時速341km/hを記録【動画有】(2018/4/27投稿)
新型モデルのニュルラップタイムが遂に公開。ポルシェ「911GT3RS」は6分56秒、シボレー「コルベットZR1」は?(2018/4/17投稿)
その記録僅か1秒差。シボレー「コルベットZR1」が「フォードGT」のラップタイムを更新【動画有】(2018/2/2投稿)
シボレー「コルベットC7 ZR1」が遂にアンヴェール。最高時速337km以上、「Z06」よりも70%のダウンフォースを発生(2017/11/13投稿)
シボレー「コルベットC7 ZR1・コンバーチブル」がLAオートショー2017にて登場。0-100は3秒以下、車体重量も僅か27kg増のみ(2017/11/29投稿)
ヘネシーが1,200馬力超えのシボレー「コルベットC7 ZR1」をチューニング、0-100km/hは驚異の2.2秒(2017/12/9投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう