ロンドンにて、”世界で1台”しか存在しないブルー・ポッジの「ラ・フェラーリ」が登場【動画有】他

以前にも、当ブログにてご紹介した特殊なブルーカラーの「ラ・フェラーリ」。
前回は、アメリカ・コロラド州のデンバーにて目撃されましたが、今回はイギリス・ロンドンに登場。
この個体を所有するオーナーは、イングランドの有名ロックバンド「ピンク・フロイド」のドラマー、ニック・メイソン氏。

彼は生粋のスーパースポーツカー好きで、「ラ・フェラーリ」以外にも「F12ベルリネッタ」や「458イタリア」等も所有していますね。

スポンサーリンク

今回、「ラ・フェラーリ」に塗装されているボディカラーは”Blu-Pozzi(ブルー・ポッジ)”という名称で、実は「F40」のカラーラインナップにも登場した古くから伝わる有名なボディカラー。

“Blu”はイタリア語でブルー、”Pozzi”はイタリア語で”井戸”という意味。
恐らく井戸の奥底に潜む水の色を意味していると考えますが、相当に濃いブルーであることには間違いなく、見る角度によってはブラックに見えてもおかしくない程。

実際にこの特殊なカラーをオーダーしているオーナーは非常に少ないとのことで、ワンオフカラーを除くと一桁レベルのオーダー数だとか。
ちなみに、フェラーリのカラーラインナップにて、非常に多くオーダーされているボディカラーはやはりレッドとイエロー、その次にブラックかホワイトといったところ(元々フェラーリのシンボルカラーはレッドではなくイエロー)。

中にはパープル系やブロンズ系といった特殊なボディカラーも存在するとのことですが、フェラーリが唯一オーダーを受け付けないボディカラーは「ピンク」と言われていて、その理由が「フェラーリに相応しくない色だから」。

【Pink Floyd Drummer Nick Mason’s Blue LaFerrari in London!!】

関連記事:”ブルー・ポッジ”って聞いたことある?アメリカにて、ブラックに近い謎ブルーの「ラ・フェラーリ」が目撃に【動画有】(2018/4/9投稿)

Reference:autoevolution

以下の動画は、ハイブリッドスーパースポーツ御三家の内の2台である「ラ・フェラーリ」とポルシェ「918スパイダー」のドラッグレースバトル。
ゼロヨンのタイム測定のため、それぞれスタートのタイミングが異なっていますが、まさかの「918スパイダー」の加速が速いという事実。
路面状況やトラクションコントロールによっては加速性能が異なるにしても、この映像は中々に衝撃的な内容になっています。

【Porsche 918 vs. LaFerrari | father vs. son racing at TX2k】

【ドラッグレース関連記事5選】
1,500馬力チューンの日産「GT-R」と純正1,500馬力のブガッティ「シロン」がドラッグレース他【動画有】(2018/6/5投稿)
ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」と日産「GT-R」がドラッグレース→「GT-R Nismo」ガッツリ出遅れで勝負にならず【動画有】(2018/4/19投稿)
意外にも実現しなかった組合せ。日産「GT-R」とホンダ「NSX」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/2/17投稿)
そんなに勝ちたい?今度は1,250馬力にチューンアップの日産「GT-R」と帝王・マクラーレン「720S」がドラッグレース【動画有】(2017/12/3投稿)
禁断のドラッグレースバトル解禁。ブガッティ「シロン」vsケーニグセグ「One:1」【動画有】(2018/3/22投稿)
衝撃。マクラーレン「720S」がドラッグレースにてポルシェ「918スパイダー」とブガッティ「シロン」を粉砕【動画有】(2017/10/6投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう