ベントレー「ベンテイガ」がパイクスピークにチャレンジ。半年間の開発プログラム&専用チューンで最速王座なるか

ベントレーのラグジュアリーSUVモデル「ベンテイガ」が、世界で最も有名なヒルクライムレースイベント「パイクスピーク・ヒルクライム」の世界最速記録を持つランドローバー「レンジローバー・スポーツ」の12分35.61秒を超える為に、約半年間の開発プログラムと専用チューニングにて記録更新を狙います。

パイクスピーク・ヒルクライムは、約100年の歴史を持つ伝統的なイベントで、約20kmの上り坂を一気に駆け上がるハード競技。
上記にもある通り、現時点では、2014年にランドローバー「レンジローバー・スポーツ」が市販SUVモデルの無改造クラスとしては歴代最高タイム(12分35.61秒)を記録したおり、ラグジュアリーモデルの「ベンテイガ」が、この驚異的なタイムを超えることができるのか非常に見ものとなっています。

スポンサーリンク

なお、今回「ベンテイガ」にはアダプティブエアサスペンションと48Vのエレクトリックアクティブアンチロールコントロールが追加・調整されています。
安全性を向上させるために、ロールケージや消火システム、レーシングシートも装備され、更に車体重量を最大限にまで軽量化するため、運転席以外のインテリアシートを排除し、約300kgの軽量化に成功。

今回「ベンテイガ」のドライバを務めるRhys Millen氏は「コースはとてもタイトで急なので、非常に速くスピードを上げることができ、レスポンスの良い車でなければ攻めることができない。600hp/900Nmのパワーとカーボンセラミックブレーキを組合わせることで、ベンテイガの加速減速は間違いなく最上級の物になる。タイムレースが待ちきれないよ」とコメント。

ちなみに、以下が「レンジローバー・スポーツ」が最速記録を打ち立てたレース動画となっていますが、かなり過酷なレースながらも、それ以上の爽快感がありそうですね。

【New Range Rover Sport – Pikes Peak Hill Climb Record】

【関連記事】
ロールスロイス「カリナン」とベントレー「ベンテイガ」を並べてみた。見た目はやはり「カリナン」が大柄、数字で見てみると…?(2018/5/18投稿)
「ベンテイガ」の前に既に登場していた!ブルネイ王室特注のベントレーSUV「ドミネーター」が、若干ロールスロイス「カリナン」に似てる件(2018/5/13投稿)
これから普及する?ベントレー「ベンテイガ」に最先端セキュリティ・指紋認証システムを搭載(2018/3/24投稿)
ベントレー「ベンテイガ」にV8ツインターボモデルが登場。気筒休止システム搭載、世界最恐規模のブレーキ力を装備(2018/1/15投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう