映画「ワイスピ」に登場した人気高き”価値ある日本のスポーツカー”5選。トヨタ・日産のあのモデルは不動の人気だ【動画有】

日産「スカイラインGT-R」の人気はとにかく異常

海外にて不動の人気を得る日本のスポーツカー5選が公開。
フェラーリやランボルギーニ、ブガッティ等のスーパースポーツモデルももちろん人気は高いのですが、日本のスポーツモデルもそれらに負けぬ程の人気があり、特に欧州では映画「ワイルドスピード」に登場したことで日産「スカイラインGT-R」(海外では「ゴジラ」の愛称で呼ばれることも)を始めとする国産スポーツモデルたちの注目度は圧倒的。

「R33/R34」といった前世代のスカイラインGT-Rに関しては、アメリカの25年ルールが適用されることで、アメリカへの輸出が可能となり、それによって熱狂的なファンが3,000万円以上の超高額条件にて購入するケースが多いのだとか(いわゆる転売)。
そのため、日本国内での「GT-R」の盗難事例は非常に多く、その多くが海外にて不正輸出されています。

【Fast & Furious 4 Race Scene HD】

スポンサーリンク

マツダ「RX-7」も転売の対象に

【FAST and FURIOUS: TOKYO DRIFT – Donuts (RX7) #1080HD】

1993年に登場したマツダのロータリースポーツモデル「RX-7」。
2005年に映画「ワイスピ」に使用された1993年式の個体が、Bonhamsオークションにて約440万円にて落札(新車販売価格は約360万円)されたことがありました。
それ以降、「RX-7」は約650万円以上の価格にて取引されることが多く、特に今回のように25年ルールが解禁となることで、そのプレミア度は更に向上するのではないかと言われています。

盗難被害の多いトヨタ「スープラ」ももちろん転売の対象

【Fast & Furious (2001) – Toyota Supra build scene | “Life ain’t a game” [Blu-ray, 4K]】

2001年に公開された「ワイスピ」では、あのポール・ウォーカー氏が使用していた1993年式のトヨタ「スープラ」が大注目されました(2015年に約2,000万円にて売却)。
このモデルも2018年に25年ルールが解禁されるため、最低でも1,000万円の価値を持つのではないかと言われています。

ホンダ/アキュラ「インテグラGS-R」の存在も!

【FAST and FURIOUS – Street Race (RX7 vs Civic vs Integra vs Eclipse) #1080HD +car-info】

意外にもその存在価値が忘れられていたホンダ/アキュラ「インテグラGS-R」。
1994年式となるこの個体は、2019年から25年ルールが解禁されますが、プレミア価値は他の個体よりも控えめではあるも、それでも約200万円程の価値があります。

このモデルも忘れてはいけない日産「240SX」

【FAST and FURIOUS – Race Wars / Letty Race (240SX vs RX7) #1080HD】

こちらもホンダ/アキュラ「インテグラGS-R」同様に安定した人気を持つ日産「240SX」(プレミア価値も約200万円と安定的)。
1997年に製造されたこのモデルは、「S13/S14」同様に改造されていない個体がほとんど無く、ほぼカスタムされている車両ばかり。
海外ではカスタムされている「240SX」が標準的なものの認識を持っているみたいですが、反対に改造されていないオール純正モデルともなれば、それはそれでとんでもないプレミア価値を生み出しそうな予感はしますね。

☆★☆ワイスピ関連記事5選はコチラ!☆★☆

ランボルギーニ博物館にて、ワイスピやトランスフォーマー等に登場したモデルが大集合【動画有】(2018/5/31投稿)
中古車サイトにて、ワイスピ&ドリ車仕様に魔改造された日産「GT-R」が販売中。FR駆動で6速シーケンシャルMTとか変態だろ…(2018/5/21投稿)
あの「ワイルドスピード(ワイスピ)」がアニメ化しNetflixにて配信。スピンオフ版等も公開が決定【動画有】(2018/4/25投稿)
【納屋じゃないぞ!】岡山にて、埃・砂まみれのワイスピ仕様「スカイライン」、トヨタ「スープラ」、ランボルギーニ「カウンタック」が放置?(2018/4/21投稿)
映画ワイスピX3 TOKYO DRIFTに登場した日産「フェアレディZ(350Z)」が中古市場にて登場。価格は約1,600万円(2017/12/16投稿)

Reference:autoclassics

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう