トヨタ「カムリ」が欧州市場にて販売へ。ハイブリッドパワートレインを搭載して目標は2,000万台突破か

遂に欧州でも「カムリ・ハイブリッド」が登場

トヨタの8代目ミドルサイズセダンとして2017年に登場した「カムリ・ハイブリッド」が、欧州市場向けに排気量2.5L A25A-FXS型直列4気筒自然吸気エンジン+電気モータを搭載したハイブリッドモデル+前輪駆動(FF)を販売することがわかりました。
この個体は、システム総出力208hpを発揮しながらも、燃費性能22.1km/Lと環境性能に適した日本でも人気の高いモデルとなります。

スポンサーリンク

欧州市場では、「カムリ・ハイブリッド」の導入前は「アヴェンシス」が主流だった

「カムリ・ハイブリッド」には、西欧市場とイギリスにて2019年前半より発売予定となっており、シーケンシャルシフトモードを備えたElectronically controlled Continuous Variable Transmission(eCVT)を搭載。
価格帯としては、日本では約329万円~、アメリカでは約307万円~となっていて、欧州ではどの程度の価格にて販売されるかは不明で、予測するには時期尚早ともいえます。

なお、「カムリ・ハイブリッド」は日本にて製造・輸出されることとなり、イギリスにて製造されていた「アヴェンシス」の間接的な代替えモデルとなるため、スタイリングモデルはミドルセダンのみで、ステーションワゴンはラインナップされません。

そもそも何で「カムリ・ハイブリッド」なの?

トヨタの調べによれば、フリート顧客は、CO2の低排出可能とするドライブトレインを搭載したモデルが今後主流にしてくるとして、その中でも圧倒的に人気が高いと予測するのが「カムリ・ハイブリッド」とのこと。
「カムリ」は、年間70万台以上の売上げ台数を記録しており、1982年に発売されて以来100か国以上の市場にて販売され、総売り上げ台数は1,900万台以上とD/Eセグメントセダンとしては世界一売れているモデルであり、更なる拡販(おそらく2,000万台突破を目論んでいる)を目的に西欧市場にて導入すると言われています。

☆★☆「カムリ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

トヨタの新型「カムリ」を見てきた。外観、質感、商品力は間違いなくハイレベルに(2017/7/15投稿)
トヨタの新型「カムリ」に試乗。走り・乗り心地・燃費・高級感ヨシの万能セダン(2017/7/15投稿)
トヨタ・新型「カムリ」の見積もりしました。最上級グレードでも約520万円(2017/7/16投稿)
車体重量2,000kgで細部もバッチリ。50万個以上のレゴブロックで作られた実物大のトヨタ「カムリ」が登場【動画有】(2018/3/22投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう