ブガッティ「シロン・スポーツ」?謎の開発車両がニュルにてテスト走行を実施【動画有】

ブガッティ「シロン・スポーツ」が本格的にテスト走行?

2年前にブガッティ「シロン」が登場してから、出荷台数も先月でようやく100台を突破しましたが、ここで最近登場したのがハイパフォーマンスモデルの「シロン・スポーツ」。
パワートレイン(排気量8.0L W型16気筒クワッドターボ搭載)やエンジン(1,500ps/1,600Nm)、パフォーマンスについては変更無いものの、”操作性が大幅に改善され、俊敏性も向上”しているとのこと。

スポンサーリンク

更なるパワーアップモデルの可能性も…

ただ、その一方でもう一つ期待されているのが「ヴェイロン・スーパースポーツ」のようなパワーアップグレードで、これについてはまだ何も情報は明らかになっていないものの、現行の1,500ps→1,700~1,800psにまで向上したガソリンモデル史上最強の一台が登場する可能性もありそうです(もちろん、このアップグレード版での0-400-0km/h加減速記録最速を更新することが目標)。

【2X BUGATTI CHIRON TESTING (AGAIN) AT THE NÜRBURGRING!】

Reference:CARSCOOPS

「シロン・スポーツ」はこんなデザインだ!

関連記事:ブガッティの最新モデル「シロン・スポーツ」が遂に公開。性能変わらず、操作性が大幅に向上(2018/3/6投稿)

本日より開催中のスイス・ジュネーブモーターショー2018にて、ブガッティ「シロン」の最新パフォーマンスモデル「シロン・スポーツ」が世界初公開されました。
今回初公開された「シロン・スポーツ」は、パワートレインやエンジン、パフォーマンスに変更は無いものの、”操作性が大幅に改善され、俊敏性も向上”しているとのこと。

価格帯としては、欧州では約3.4億円、アメリカでの価格は関税や手数料、輸送費等を考慮すると約3.6億円にも上るとのこと。

足回りにおいては、新たな軽量タイプのカーボンファイバホイールを追加し、フロントガラス用ワイパーを含むカーボンファイバパーツの使用率を増加し、更には車体重量も従来の「シロン」よりも18kgも軽量化に成功。
また、高剛性サスペンションと10%向上したショックアブソーバーを採用し、フィードバックを犠牲にしないステアリングの操作性を向上しています。

これらの変更により、ハンドリングモードも向上し、最適化された後車軸差動とアダプティブ・トルクベクタリングによって統合されています。

なお「シロン・スポーツ」では、時速200km/hに到達した際のコーナリングスピードは、完全なハンドリング性能を実現し、Nardoテストトラックにおいても従来モデルの「シロン」よりも5秒も速くなるとのこと。

インテリアにおいては、「Chiron Sport」のロゴが刻印されたエンジンスターターボタンやドライブモードセレクター、マーケティングプレートの陽極酸化ブラック仕上げを加えたドアシルストリップには、”Sport”ロゴが貼付されています。

今回、ジュネーブモーターショー2018にて公開される個体は、イタリア・レッドに仕上げられていて、灰色のカーボンファイバアクセサリ、レッドのコントラストステッチ、ブラックのフルレザーシートを装備。
その他には「レーシング・ブルー」や「グリス・ラファーレ」「ガン・パウダー」といった特別なボディカラーも登場します。

【関連記事】
【価格不明】パルミジャーニがブガッティ「シロン・スポーツ」よりインスパイアされた腕時計を発売(2018/3/26投稿)
ブガッティ「シロン・スポーツ」がビバリーヒルズに登場。スペックは変わらずで本当に売れる?(2018/5/3投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう