2021年モデルのフォード「マスタング(S650)」は全ての駆動方式に対応したCD6プラットフォームを採用する模様

遂にマスタングにも最先端技術を採用?!

フォードは、2ドアスポーツモデル「マスタング」の2021年モデル・S650に、前輪駆動(FF)・後輪駆動(FR)・四輪駆動(4WD)モデル対応可能な全く新しいプラットフォームを採用することがわかりました。
次期「マスタング」には、「エクスプローラー/アビエーター」にも採用されるようなRWD/AWDタイプのアーキテクチャを採用するだけでなく、将来の製品計画に精通したトレンドモデルとして本格的に足回り等も一新していく予定となっています。

スポンサーリンク


予定通りハイブリッドエンジンもラインナップ予定

今回説明されたCD6プラットフォームは、より多くのアルミニウム集約型のGMアルファプラットフォームに匹敵するとして、「マスタング」の重量軽量化の改善にもつながると言います。

また、2021年モデルではハイブリッドモデルが登場する可能性が高く、元最高技術責任者であるラー・ナイール氏も、エコブーストエンジンと複数の電気モータを扱うこと、そして四輪駆動(4WD)を搭載する可能性を示唆しました。
100%内燃機関モデルは、排気量5.0L Coyote型V型8気筒エンジンと排気量2.3L 新型直列4気筒ターボエンジンが登場予定となっています。

生産情報については、2020年5月頃に生産スタートを予定しており、2021年3月には続々とオーナーのもとに納車されるのでは?とのこと。

☆★☆関連記事4選はコチラ!☆★☆

フォード「マスタング」が遂にハイブリッド化決定。2020年までに販売する模様(2017/1/14投稿)
フォード「F-150」がダウンサイジングターボ並びにディーゼルエンジンをラインナップ。更にハイブリッドも検討中だ【動画有】(2017/1/9投稿)
アメリカチューナーが初代・フォード「マスタング」を鬼カスタム。V8スーチャー&ハイブリッド搭載で1,000馬力発生、但しカスタム費用は・・・?(2018/5/9投稿)
”ミニ・マスタング”になれるか?フォードの次期「フォーカス」はマイルドハイブリッドで400馬力発生か(2018/4/28投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう