アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」の先行内覧会写真がリーク。710馬力以上発生のスーパーモンスターに

これが「DBSスーパーレッジェーラ」だ!

先日リークしたばかりのアストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」ですが、今回はアジア圏内と思われる先行内覧会にて登場した個体がリークしています。
ボディカラーは、いかにもレーシングカー仕様のマットグレーで、フロントには巨大なブラックアウトグリルが支配的となっていますね(フロントエンドがほとんどグリルで占拠されるのは珍しく、それだけ冷却効果を高めなければならいないのかも)。

スポンサーリンク

フロントスプリッタにはグロスカーボンを採用し、両サイドのエアインテークにもナチュラルに連なることでボディとの一体感を演出しています。
写真では少し見にくいですが、側面については各フロントホイールアーチ後ろに設けられたダクト、サイドスカートにもグロスカーボンを採用していると予想されます。

インテリアの画像は公開されていないものの、メルセデスベンツAMGのパーツを流用したインフォテイメント・システム用にカーボンファイバのアクセントと、ロータリーコントローラーを採用しています。

最低でも710馬力以上。ライバルはフェラーリ「812スーパーファスト」

パワートレインについては、排気量5.2L V型12気筒エンジンを搭載し、最高出力は明確になっていませんが最低でも710ps発揮することがわかりました。
これが事実であれば、同社「DB11 AMR」の639psよりもパワーの点で優れたフロントマウントエンジンモデルで、おまけに後輪駆動モデルで800psを発揮するフェラーリ「812スーパーファスト」を猛追する一台になることは確か。
性能面において、どれだけ相手を脅かす存在となるのか非常に気になるところです。

なお、「DBSスーパーレッジェーラ」は来月中にパブリックデビューする予定で、その際にはオープントップの「DBSスーパーレッジェーラ・ヴォランテ」も登場する予定となっています。

☆★☆「DBSスーパーレッジェーラ」関連記事4選はコチラ☆★☆

アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」が遂にリーク。700馬力超えのモンスターモデルに(2018/6/16投稿)
アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」のスパイショットを追加公開。クーペ&オープン共に年内発表か(2018/6/7投稿)
アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」がニュルにてテスト走行。パワーやパフォーマンスは最高レベルに【動画有】(2018/4/28投稿)
やはり出てきた。アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」にオープンタイプのヴォランテも確実か(2018/5/17投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう