スズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」のレンダリング続々。併せて簡易カタログも今更公開

2018-06-27

レンダリングが多数登場する程、このモデルの人気っぷりが伝わってくる

7月5日の発売が近づくにつれて、続々と公開されているスズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」のレンダリング画像。
これまで、コンバーチブルモデルやロングホイールベースモデル、4ドアモデル等多彩なジャンルのレンダリングが公開されてきましたが、今回はその中で最も人気を集めているボディカラーを活かしたレンダリングと、意外にも実現したら売れるであろうレンダリングが公開されています。

新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」最新記事はコチラ!→→まだまだ続くぞスズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」レンダリング集。今度は”ラリー/ハミタイ”そして待望のリフトアップ等【動画有】(2018/6/27投稿)

スポンサーリンク

キネティックイエローとブラックのツートンは鉄板

まず、最も人気を集めているのがキネティックイエローとブラックのツートンカラー(配色パターンがとにかくグッド)にルーフライトとオフロードタイヤを装着したレンダリング画像。
足回りは、中々カスタムされることのないスチール(鉄チン)ホイールですが、ここまでオフロードタイヤとの相性がバッチリなのも珍しく、これを更にハイリフトしても全く違和感の無い仕上がりになると予想。

なお、これは実際にディーラの方からお聞きした情報なのですが、現在「ジムニー/ジムニー・シエラ」で圧倒的に人気のが高い(オーダーする・しないに関わらず)のがキネティックイエロージャングルグリーンの2色と言われています。

何れも対照的ともいえるカラーですが、特にキネティックイエローは、奇抜ながらもボックスオフロードの個体には非常にマッチしていて、今回のレンダリングのようにオフロードタイヤやブラックとのツートンカラーを組合わせたら、他色では表現できないほどに遊び心満載の一台になるとして圧倒的な人気を集めている模様。

アイボリー&ジープ風レンダリングも負けてないぞ!

こちらは、ピックアップトラック仕様の「ジムニー・シエラ」に、積載部分に外付けでブラックルーフ等を装着したオシャレな4ドアレンダリングとなります。
ボディカラーは、こちらは意外と人気の高いシフォンアイボリーメタリックを採用し、国産オフロードモデルというよりも、どちらかというとジープに寄せてきたかのような遊び心満載で武骨な一台。

フロントノーズが短いことから、従来通り排気量1.5Lの小排気量エンジンとなりますが、これだけのサイズ感で有ればV6エンジンぐらいは搭載していてもおかしくなさそうなところ(それだけパワーとトルクを持たないと、車体重量の影響で牽引する能力を発揮できないかも?)。
少々突っ込みどころのあるレンダリングではありますが、こちらも商品化すれば間違いなく売れる一台ではないかと思います(特に海外では)。

簡易カタログでもメーカの「ジムニー」にかける想いは熱過ぎる

こちらは今更ながらですが、6月18日(月)より配布スタートしている新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」の簡易カタログ。
リーフレットタイプfr、主要緒元等は一切記載していないものですが、各グレードの標準装備やカラーバリエーション、ジムニーの歴史などが記載されています。

早速中身を確認していくと、上の通り2つ折りとなっていて、左側にジムニー(キネティックイエロー)と右側にジムニー・シエラ(ジャングルグリーン)、伝統メカニズム「ラダーフレーム/エンジン縦置きFRレイアウト/副変速機付パートタイム4WD/3リンクリジッドサスペンション」、インテリアの写真が添付。

スズキの予防安全技術・デュアルセンサーブレーキサポートに関する説明も記載されていますね。

こちらはジムニーのDNAと表記されたジムニーの歴史。
3代に渡って、各世代を以下のようにまとめています。

【初代・ジムニー(LJ10)1970.4~】
軽自動車唯一の4WDオフローダーとして誕生した初代ジムニー。その個性派、多くの人々から高い評価を得て独自の地位を確立しました。

【2代目・ジムニー(SJ30)1981.5~】
デザイン性と走破性に磨きをかけた2代目モデル。そのスタイリングやカラーなど、その後の4WDの世界を導いていく1台となりました。

【3代目・ジムニー(JB23)1998.10~】
スタイリッシュさと快適さ、走破性をさらに進化させた3代目。登場以来、20年もの長きにわたって愛されてきました。

【世界で活躍するジムニーシリーズ~世界累計販売台数285万台~】
1970年に日本で誕生したジムニーは、アジア・ヨーロッパを中心に活躍の場を広げ、1975年にはスズキ初の海外生産車になりました。プロユースのみならず、趣味やファッションまで、あらゆるニーズに応える実力と魅力によって、消防車両や砂漠仕様といった海外専用車まで誕生しています。2001年2月にはシリーズ世界累計販売台数200万台を達成。初代から半世紀近くに渡り、世界的に見ても類のない小さな本格四輪駆動車として、ジムニーシリーズは世界中で愛され続けています。

こちらは「ジムニー/ジムニー・シエラ」のグレード別の標準装備やボディカラーバリエーション。
中身の詳細については、以下の記事にてまとめております。

【グレード別関連記事】
スズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」まとめ。価格やグレード、オプション、ボディカラー、燃費等(2018/6/20投稿)
スズキ・新型「ジムニー・シエラ」見積もりしてみた!グレード毎のオプションの違いや燃費は?「ジムニー」も含め月産台数と納期も公開!(2018/6/14投稿)

☆★☆新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」のレンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

スズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」のレンダリング続々。併せて簡易カタログも今更公開(2018/6/26投稿)
スズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」のレンダリング続々。自衛隊・4ドア・イニD風等(2018/6/24投稿)
【レンダリング】これ登場したら売れそう。スズキ・新型「ジムニー」をピックアップトラック&4ドア風にしたら?(2018/6/22投稿)
スズキ・新型「ジムニー」にコンバーチブルモデルが登場したら?というレンダリングが公開(2018/6/20投稿)
これ欲しいかも。スズキ・新型「ジムニー」のツートンカラーはこうなる!というレンダリングが公開に(2018/6/9投稿)

☆★☆新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」の見積もり・まとめ関連記事4選はコチラ!☆★☆

スズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」まとめ。価格やグレード、オプション、ボディカラー、燃費等(2018/6/20投稿)
スズキ・新型「ジムニー・シエラ(4AT)」オートマ仕様の見積もりしてみた!最低でも総支払額221万円からは買い?(2018/6/19投稿)
スズキ・新型「ジムニー(4AT)」オートマ仕様の見積もりしてみた!インテリアも完全リーク(2018/6/18投稿)
スズキ・新型「ジムニー・シエラ」見積もりしてみた!グレード毎のオプションの違いや燃費は?「ジムニー」も含め月産台数と納期も公開!(2018/6/14投稿)
スズキ・新型「ジムニー」見積もりしてみた!グレード毎のオプションの違いは?「ジムニー」の燃費も公開(2018/6/13投稿)

その他の新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」に関する最新情報はコチラにてまとめております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう