GM・シトロエン以来の女性CEO誕生。ダイムラー傘下・スマートの新CEOはKartrin Adtさんで決定

極めて稀な女性CEO誕生

自動車業界において、女性が最高経営責任者(CEO)を務めるのは極めて稀でありGM(ゼネラル・モーターズ)のマエリー・バラCEOやPSAグループ・シトロエンブランドのリンダ・ジャクソンCEOも同様です。
今回、ダイムラー傘下となるスマートのCEOが、アネット・ウィンクラー氏から交代することがわかり、次なるCEOが女性であることも確定しました。

スポンサーリンク

その女性がKatrin Adtさんと呼ばれる人物で、彼女はダイムラー・グループに長年勤めたベテランウーマン。
以前は、スマートの営業部門を担当し、その後ダイムラーの人事担当副社長を務めました。

今回彼女がスマートの新CEOとして採用された理由として、同グループの上級女性役員であるBritta Seegerさんによれば「Kartrin Adtさんは、長年に渡り国際的な経験を経てきました。セールス&マーケティングにおけるさまざまな管理職の経験と、全社的な経営文化イニシアチブ・リーダーシップ2020を活用して、彼女は成功した未来へと導いてくれると信じています」と説明。

グローバルに活躍するスマートの鏡のような存在

前CEOであるアネット・ウィンクラー氏(58)から、何と一回りも若くなるkartrin Adtさん(46)ですが、過去8年間スマート部門を経営し、23年間ダイムラーに務めた経験から、スマートの経営方針やデザイントレンド、顧客の好み等を徹底的に調査していける能力も十分にあるとして、周りからの信頼も相当に熱いとのことですから、それだけ彼女がCEOとして抜擢されることは間違いないと判断したのでしょう。

今現在、スマートが市販しているモデルは、シティーカータイプの「フォーツー/フォーフォー/カブリオ」の3種類。
ダイムラーとルノーとの継続的なパートナーシップも構築しており、スポーティな走行性能を確立するスペックも十分に備えていますが、これからのトレンドモデル・デザインを含めて、どのようにモデル展開を繰り広げていくのか注目したいところです。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

金津創作の森「S fes Ⅵ」に行ってきた。欧州車の魅力が”無料”で味わえる豪華イベントだ(2018/6/16投稿)
金沢輸入車ショウ2018に行ってきた。展示車を公開してみる【メルセデスベンツ・AMG・マイバッハ・smart編】(2018/2/3投稿)
ヴィルナーがブラバス仕様のスマート「フォー・ツー」を更にド派手カスタム(2017/6/22投稿)
スマート「ロードスター」を6輪車にしてみた→全くスマートではなかった件【動画有】(2017/6/14投稿)
金沢輸入車ショウ2017に行ってきました。展示車を公開してみる【メルセデスベンツ・AMG・マイバッハ・smart編】(2017/2/5投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう