ランボルギーニ「ヴェネーノ/チェンテナリオ」に続く超限定モデルが登場!発表は7月2日or3日の何れかにて

「アヴェンタドールSVJ」以上の超限定モデルが登場する?!

ランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドール・シリーズ」の最終ハードコアモデル「アヴェンタドールSVJ(クーペ/ロードスター)」が8月より世界初公開されますが、それよりも前に最重要顧客のみを対象とした超限定モデルが7月2日もしくは3日に東京(場所は秘密)にてシークレット先行公開することが明らかとなっています。

既にサンタガータ・ボロネーゼのランボルギーニ本社では6月中旬以降に発表しているとのことで、具体的なモデルとしては世界限定12台(クーペ3台/ロードスター9台)のみ販売された「ヴェネーノ」と世界限定40台(クーペ20台/ロードスター20台)の「チェンテナリオ」に続くスペシャル限定モデルになるとのことです。

スポンサーリンク

もちろん、この超限定モデルに関する情報は一切公表されておらず、どのようなデザインでどれだけのスペックを持つか、生産台数、価格等も一切不明となっています(開発車両もリークしていない)。
現時点で考えられることは、「ヴェネーノ/チェンテナリオ」に搭載されるエンジンが排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンであることから、同じエンジンを搭載すること、そして最高出力は「チェンテナリオ」もしくは「アヴェンタドールSVJ」を大幅に超えてくる可能性が十分に高いということ。

「ヴェネーノ」で4億円以上、「チェンテナリオ」で3億円以上ということを考えると、次なる限定モデルは4億円を優に超えてくる高額モデルとなりそうですが、日本人オーナーが購入する可能性も十分にありそうですね。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

アウトバーンにて、8月デビューのランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」と遭遇。併せて購入条件もご紹介【動画有】(2018/6/19投稿)
”世界に一台だけ”のランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」が日本に到着。「アヴェンタドールSVJ」のリヤデザインも公開?(2018/5/8投稿)
・まさかのロールケージ?!ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」の内装を遂にキャッチ。(2018/4/19投稿)
ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」の購入条件が明らかに?ALAシステムも搭載?(2018/3/13投稿)
遂に来たか。ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」後継のイメージ画像が公開(2018/2/6投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう