50年ぶりに復活したフォード「マスタング・ブリット」がオーストラリアにて販売スタート。限定700台、価格は約810万円から

あの限定版「マスタング」がオーストラリアにも

今年1月にアメリカ・デトロイトモーターショー2018にて公開された、フォード特別限定モデル「マスタング・ブリット」が50年ぶりに復活しましたが、この個体がオーストラリアにて限定700台のみ販売スタートしました。。
以前の同モーターショーでは、一番最初に生産された「マスタング・ブリット」がオークションにて登場し、約3,600万円という高額値で落札されましたが、オーストラリアの一般顧客向けに販売される価格は約810万円からとなっています。

スポンサーリンク

そもそも「マスタング・ブリット」って何?

今回販売する「マスタング・ブリット」は、1968年ピーター・イェーツ氏のハリウッド第一回監督作品となるアメリカ映画「ブリット(Bullitt)」にて登場した一台で、この映画に主役として登場するスティーブ・マックイーン氏が運転する1968年型のフォード「マスタングGT390」をベースとした復活モデルとなります。

どんな装備があるの?

ボディーカラーは、当時のダークハイランドグリーンをそのまま採用(塗装品質はもちろん向上)しており、グロスブラックペイントによって施された19インチアルミホイールはもちろんのこと、レッドカラーのブレンボ製ブレーキキャリパ、マグネティックライトサスペンション、可変エキゾースト、運転支援システムの搭載といった過去と現代の融合となる一台となります。

基本的なスタイリングは、当時のものではなく、現行型の「マスタング」を採用。
パワートレインとしては、「マスタングGT」からアップグレードされた排気量5.0L V型8気筒エンジンを搭載し、最高出力475hp、最大トルク569Nmを発揮(オーストラリアでは462hp/556Nmと若干低い仕様)。推定トップスピードは262km/hに到達すると言われ、トランスミッションは6速MTのみという激渋仕様となります。

世界で最も売れている「マスタング」。オーストラリアでも過去2年間で最も売れたスポーツカーに認定!

インテリアは、ブラックを基調としグリーンのカラードステッチを施しています。
シートマテリアルは、フルレザーを採用し、ヘッドレストにはグリーンのカラードステッチにより”RECARO”と刺繍されています。

なお、メーカ情報によれば、フォード「マスタング」は過去2年間オーストラリアにて最も売れたスポーツカーとなり、過去3年間全世界にてベストセラーモデルとなっています。
今回の限定モデルも、販売開始前から既に予約が殺到しているとのことで、年内の完売は秒読みと言われるほどにマスタングが愛されています。

☆★☆「マスタング」関連記事5選はコチラ!☆★☆

50年ぶりに復活したフォード「マスタング・ブリット」生産1号車がオークションに。落札額は新車のフェラーリが買えるレベル(2018/1/22投稿)
まるでフェラーリ?インテリアのスペシャリスト・カーレックスデザインがフォード「マスタング」をカスタム(2018/6/25投稿)
2021年モデルのフォード「マスタング(S650)」は全ての駆動方式に対応したCD6プラットフォームを採用する模様(2018/6/24投稿)
フォードが戦闘機からインスピレーションを受けた700馬力仕様の「マスタング」を発表→チャリティーオークションへ。アウディ「A1」の更なるティーザー映像も追加【動画有】(2018/6/17投稿)
過激エアロ&526馬力発揮の暴れ馬。フォード「マスタング・シェルビーGT350」が登場(2018/6/12投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう