ランボルギーニのハイブリッドハイパーカー「LB48H」販売へ。限定67台、価格は約2.8億円

ランボルギーニの新たなる限定ハイパフォーマンスモデルから、遂にハイブリッドパワートレインを搭載するハイパーカーが登場することが判明しました。
TheSuperCarBlog.comの情報によれば、この個体は既にイタリア・サンタガータ・ボロネーゼのランボルギーニ本社にて発表されていて、型式としては「LB48H」と呼ばれ、車体デザインは「テルッツォ・ミッレニオ・コンセプト」に非常に似ているとのこと。
生産台数は世界限定67台のみで、車両販売価格は約2.8億円となっています。

スポンサーリンク

今のところ詳細な情報は無いとのことですが、この個体は今後アメリカ・ニューヨークと東京でも発表されるとのことで、以前当ブログでもご紹介した、以下の招待状のことを指していることで間違いなさそうですね。

これについて、ランボルギーニの研究開発ディレクターであるマウリツィオ・レッジャーニ氏は、ミドシップマウント型のV12エンジンを搭載し、電気モータによるアシストで究極のパワーを得ることはもちろんのこと、トランスミッションもシングルクラッチギヤボックスからデュアルクラッチへと切り替わる可能性もあることを示唆しています。

ランボルギーニは、現時点でハイブリッド技術を活かしながらも、現ラインナップモデルの自然吸気エンジンからダウンサイジング化する考えはなく、2026年のオールEV化に向けて一つのきっかけとして歩み出していくことを発表しています。
今回の「LB48H」も、「テルッツィオ・ミッレニオ・コンセプト」をベースにしているとのことですから、このコンセプトモデルの最終完成形を生み出す前のベイビーモデルとして登場するのだろうと思われます。

ちなみに「LB48H」は、”LB”がランボルギーニ(Lamborghini)で、”48”がマイルドハイブリッド48V、”H”がハイブリッド(Hybrid)を意味しているのではないかと推測しています。

☆★☆関連記事4選はコチラ!☆★☆

ランボルギーニ「ヴェネーノ/チェンテナリオ」に続く超限定モデルが登場!発表は7月2日or3日の何れかにて(2018/6/26投稿)
ランボルギーニ「テルッツオ・ミッレニオ」はコンセプト史上最もクレイジーな一台?(2018/3/14投稿)
ランボルギーニの未来型EVスーパーカー「テルッツオ・ミッレニオ」。車高が低すぎて積載がシュール過ぎる件【動画有】(2017/11/29投稿)
ランボルギーニの未来型EVスーパーカー「テルッツオ・ミッレニオ」の実写モデルが世界初公開【動画有】(2017/11/8投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう