ロールスロイス「カリナンよりもコンパクトなSUVは販売しない。反対により大きなモデルは需要すら無い」

「カリナン」売れてます!

ロールスロイス初のスポーツ・ユーティリティ・ヴィークル(SUV)ハイエンドモデルとして登場した「カリナン」。
この個体は、既にロールスロイスが予想していた(詳細は不明ながら)販売台数を大幅に上回っている人気車種で、数多くのユーザからは「カリナン」よりも更にコンパクトなモデルの販売オファーもある等、同社にとって新しい追い風が吹きこんでいます。

スポンサーリンク

あくまでも「カリナン」を作ることが目的

しかしながら、ロールスロイスCEOであるMuller-Otvos氏は、Autocarとのインタビューにて、「ロールスロイスが販売するSUVモデルは、メーカならではの高級感が重要になってくる。コンパクトモデルを販売すれば我社のイメージは変化するし、反対にカリナンよりも大型SUVを作るともなれば、それは全く需要が無い。作るだけ無駄だ」と主張しており、あくまでも時代の流れに乗ったのは”SUV”という新たなカテゴリというだけで、その中のサイズ展開については明確な計画は無く否定的であることがわかりますね。

競合モデルともいえるベントレーは、来年早々にも「ベンテイガ・クーペ」を発売するとの噂が浮上しており、更にはアストンマーティンのクーペSUVモデルとして登場予定の「ヴァレカイ(DBX)」も2020年以降に登場する予定となっているため、これらが「カリナン」を最も注視することは目に見えているも、その一方でロールスロイスは特に競合視していない様子。

あくまで、ロールスロイスは「カリナン」が本物のラグジュアリーSUVの代表格であることを指し示すために作り上げたものなので、そこに他車と競わせるほどの価値ががあるかと言われると非常に難しく、ラウンジでのひと時を味わえる空間を作りだすことにおいては、ロールスロイスの右に出る車は無いと踏んで、強気になれるのもある意味間違ってはいないところだと思います。
「カリナンはカリナン、他は他」というロールスロイス独自の視点があるのだと思いますが、そこに付け入る隙を与えず、他車に真似をさせない”昔ながらの伝統を引き継ぐ”のも、同社のブランド価値の高さであり、SUVモデルは「カリナン」だけで十分なのかもしれませんね。

☆★☆「カリナン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

ロールスロイス「カリナン」が遂に世界初公開。トランクルームを活かした謎のラウンジコーナーを提供(2018/5/11投稿)
ロールスロイス「カリナン」のレビュー動画が早速公開。噂のテールゲートラウンジはこうやって出てくる!【動画有】(2018/5/12投稿)
ロールスロイス「カリナン」とベントレー「ベンテイガ」を並べてみた。見た目はやはり「カリナン」が大柄、数字で見てみると…?(2018/5/18投稿)
ロールスロイス「カリナン」の予想レンダリング公開。ピックアップトラック、鉄チンホイールのエントリーモデル等(2018/5/20投稿)
ロールスロイス「カリナン」等を手掛けたデザイン・チーフが電撃退職。今後はどのグループにも属さず新たな業界へ(2018/6/8投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう