ダッジ「チャージャーSRT・ヘルキャット」が世界初公開。見た目もスポーティで、グレードも6種類ラインナップ

セダンモデルで「チャージャー」の安定感は抜群

各社自動車メーカが収益性の高いクロスオーバーやSUVの販売台数を増やしていく中、ダッジの4ドアスポーツセダン「チャージャー」は数々のアップグレードモデルと再編されたラインナップで2019モデルとして登場します。
ダッジによれば、2008年以降「チャージャー/チャレンジャー」売上高は高性能モデルが70%増加し、2014年以来4%→25%以上に大幅増加しています。

スポンサーリンク

グレードは意外にも多く6種類。デザインも素直にスポーティでクール

そんな中で今回新しく登場した「チャージャー」は、「SXT / GT / SXT AWD / R/T / R/T ScatPack / SRTヘルキャット」の6種類をラインナップしますが、とにかくその見た目のスポーティに変化していることが確認できますね。
フロントヘッドライトは現行モデルをそのまま踏襲しながらも、フロントグリルには近年のトレンドであるメッシュデザインを取入れ、遂にフロントフォグランプレスとなりました。

スタイリングとしても、ゴツゴツしたスポーツセダンというよりは、4ドアクーペに近い印象を持ち、しかしながらリヤデザインは現行デザインを上手くそのまま踏襲しているところもアメ車らしいトレース技術といったところでしょうか。個人的にはこうした気持ち位手抜き感は好きです、ハイ。

ここでグレード別の装備やオプションを見てみよう



上記にも挙げたとおり、新しく登場する「チャージャー」では6種類ラインナップされますが、特に最上位グレードの「SRTヘルキャット」は、排気量6.2L V型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力707hp、最大トルク881Nmを発揮します。
オプションとしては、チャレンジャー・デーモンアクセサリやスタートアシスト、ラインロック、アフターランチラー、トルクリザーブ機能を標準装備。

その中でもアフターランチラーは、エンジンが停止した後に過給器エアークーラーを冷却し続け、トルクリザーブがバイパス弁を閉じて過給器を事前充填します。
トルクリザーブは、燃料の流れを管理し、エンジンの回転数とトルクバランスをとるように発火するとのことで、加速時の立ち上がりを最適化すると言われています。
その他の変更については、新たなインストルメントパネルバッジやサテンブラックフードオプション、Brass Monkeyと呼ばれる20インチ鍛造アルミホイール、アルカンターラインテリアパッケージ、デュアルダクトを備えた新型グリルを装備します。

他のグレードにおいて「R/T Scat Pack」では、SRTヘルキャットと同じ性能を持つグリルとデュアルダクトを搭載し、パワートレインは排気量5.7L V型8気筒エンジン搭載で最高出力485hp、最大トルク644Nmを発揮します。
機能性としては、ラインロックやスタートアシストを標準装備し、新しいダッシュボードスイッチではスタートコントロールに素早くアクセスすることができます。
オプションとしては、サテンブラックエンジンフードやデュアルカーボンストライプ、3モードBilsteinアダプティブダンピングサスペンションの設定が可能となっています(車両本体価格は440万円以下)。

更にその下のグレードにあたる「R/T」については、ダッジの新しいパフォーマンスフードやフロントフェイス、スポイラー、プレスラインが際立つ側面、シートがアップグレードします。
他においては、パフォーマンスサスペンションや2.62リヤアクスルレシオ、ステアリングホイールマウントシフトパドル、8.4インチUconnectスクリーンによるダッジパフォーマンスページ、21インチサテンカーボン&ブラックホイールのオプション設定が可能となっています。
パワートレインは、排気量5.7L V型8気筒エンジンを搭載し、最高出力370hp、最大トルク536Nmを発揮します。

そして最後に新たなグレードとして登場の「SXT AWD」では、四輪駆動を搭載しながらもアクティブトランスファーケースとフロントアクスルの切り離しが可能で、パワートレインの損失を最小限に抑える効果があると言われています。
パワートレインは、Pentastar製V型6気筒エンジンを搭載し、最高出力300hp、最大トルク358Nmを発揮します。
オプションとしては、ナッパレザーを設定したスポーツシートや19インチブラックホイール、ステアリングヒータやシートヒータ等も装備することが可能となっています。

☆★☆関連記事2選はコチラ!☆★☆

ダッジの新型「チャレンジャーSRT・ヘルキャット」のフロントグリルが一部公開。全く新しいグリルデザインになる?(2018/5/10投稿)
2019年モデル・ダッジ「チャレンジャーSRT・ヘルキャット」のティーザー画像が公開。過去最強の725馬力を発揮か(2018/5/3投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう