フェラーリ「458イタリア/カリフォルニア」等がリコール。タカタ製エアバッグに不具合有り

まだまだ終わらないタカタ製エアバッグのリコール

運輸省道路交通安全局(NHTSA)からの報告により、フェラーリ「カリフォルニア/458イタリア/FF/F12ベルリネッタ」にリコールを発令。
リコールの内容としては、タカタ製エアバッグの助手席側インフレータに不具合があるとして、熱や湿度、時間などの要因から、内部のパーツや薬品が劣化してしまい水分を吸収する恐れがあるとのこと。これにより、車両が衝突した際にエアバッグインフレータ―が破裂して金属の破片などが飛び散って、乗員に重大な傷害もしくは死亡する恐れがあるとしてリコールを発令したとのこと。

スポンサーリンク

対象となるモデルは、2009年~2013年モデルのエントリータイプ「カリフォルニア」と2010年~2013年モデルのミドシップタイプ「458イタリア/458スパイダー」、2012年~2013年モデルの2+2シータタイプ「FF(フェラーリ・フォー)」、そして2013年モデルのGTタイプ「F12ベルリネッタ」の計1,507台が対象となっています。

今回のリコール対策措置として、グローブボックスや助手席側のダッシュボードカバーを取外し、エアバッグが取り付けられているカバーの下面にアクセスすることで、対策品インフレータ―を交換するリコールが作業が行われます。

なお、タカタ製エアバッグを搭載したハイエンドモデルでは上記フェラーリモデル以外にもマクラーレン「570S」やレクサス「LFA」、テスラ「モデルS」等を含む多数のモデルたち影響を受けるとして、今後も更に展開されていくことが考えられています。

☆★☆直近のリコール関連記事10選☆★☆

ポルシェ「パナメーラ」がリコールで販売中止。リヤアクスルに不具合有り(2018/6/27投稿)
シボレー「コルベットZR1」に早くもリコール。エアバッグが展開せず死亡のリスク上昇(2018/6/23投稿)
ホンダ「S660」とスマート「フォーフォー」にリコール。センサやECU関連に不具合有り(2018/6/21投稿)
VW「ゴルフ/シロッコ」等10万台以上の大規模リコール。既に1,000件以上ライト類が点灯しない不具合有り(2018/6/21投稿)
スバル「レガシィ/インプレッサ」にリコール。燃料ポンプ不具合で走行中にエンストの恐れ有り(2018/6/14投稿)
マツダ「CX-8/CX-5」のディーゼルモデルがリコール。エンジンが始動しなくなる恐れ有り(2018/6/14投稿)
BMW・新型「M5(F90)」が早くもリコール。ECU不具合にて燃料ポンプの動作が停止する恐れ有り(2018/6/10投稿)
プジョー「3008」やマツダ「ボンゴ」等にリコール。バッテリーケーブルや燃料タンクホースに不具合有り(2018/6/8投稿)
ホンダ「ステップワゴン/フリード」20万台、ダイハツ「ハイゼット」等が大量リコール(2018/6/1投稿)
アウディ「A4/S4/A5」がリコール。スピーカーのネームプレートが剥がれ、乗員が負傷する恐れ有り(2018/5/30投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう