夢のV12NAバトル実現。フェラーリ「812スーパーファスト」vsランボルギーニ「アヴェンタドールS」のドラッグレースバトル【動画有】

ようやくこの2台が揃った

中々ありそうでなかったフェラーリ「812スーパーファスト」とランボルギーニ「アヴェンタドールS」が織りなす、究極のV12自然吸気モデル・ドラッグレースバトルが遂に実現。
いずれのモデルも、各メーカの最新上位モデルではありますが、フロントマウントエンジン+後輪駆動(FR)の「812スーパーファスト」と、ミドシップマウントエンジン+四輪駆動(AWD)の「アヴェンタドールS」と全く性格が異なる2台。

一体どのようなバトルを繰り広げるのでしょうか?

スポンサーリンク

早速各モデルのスペックを見ていこう

【フェラーリ「812スーパーファスト」】
エンジン:排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジン
最高出力:800ps/8,500rpm
最大トルク:718Nm/7,000rpm
駆動方式:後輪駆動(FR)
車体重量(パワーウェイトレシオ比):1,525kg(1.91kg/ps)
0-100km/h加速時間:2.9秒

【ランボルギーニ「アヴェンタドールS」】
エンジン:排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジン
最高出力:740ps/8,400rpm
最大トルク:690Nm/5,500rpm
駆動方式:四輪駆動(AWD)
車体重量(パワーウェイトレシオ比):1,575kg(2.12kg/ps)
0-100km/h加速時間:2.9秒

やっぱり「812スーパーファスト」が有利?

2台のモデルが同時スタートで加速していくわけですが、やはりトラクションコントロール性能の面で優れるであろう四輪駆動に軍配が上がったのか、出だしは「アヴェンタドールS」が頭一つぬきんでた感じ。
800psもの過激なパワーを後輪だけで支えるとなると、やはりホイールスピン全開で加速することになるため、スタートが遅れるのは致し方ないところ。
ですが、その後の加速の伸びはやはりフェラーリ。その驚異的なパワーを存分に発揮しながらジワジワと「アヴェンタドールS」を追い詰めていきます。

最終的には「812スーパーファスト」が「アヴェンタドールS」を追い越しフィニッシュしていますが、ほんの僅かなパワーと車体重量差が後半の伸びで大きく影響しているのだと思われ、改めてパワーウェイトレシオの重要性がわかる動画となっています。

【Race Ferrari 812 Superfast vs Lamborghini Aventador S】

☆★☆ドラッグレース関連記事5選はコチラ!☆★☆

1,500馬力チューンの日産「GT-R」と純正1,500馬力のブガッティ「シロン」がドラッグレース他【動画有】(2018/6/5投稿)
ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」と日産「GT-R」がドラッグレース→「GT-R Nismo」ガッツリ出遅れで勝負にならず【動画有】(2018/4/19投稿)
意外にも実現しなかった組合せ。日産「GT-R」とホンダ「NSX」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/2/17投稿)
そんなに勝ちたい?今度は1,250馬力にチューンアップの日産「GT-R」と帝王・マクラーレン「720S」がドラッグレース【動画有】(2017/12/3投稿)
禁断のドラッグレースバトル解禁。ブガッティ「シロン」vsケーニグセグ「One:1」【動画有】(2018/3/22投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう