【レンダリング】ランボルギーニのワンオフモデル「アヴェンタドールJ(イオタ)」風にデザインした「ウラカンJ(イオタ)」が公開

「アヴェンタドールJ」の化身「ウラカンJ」がここに登場

ランボルギーニのエントリーモデルとなるV10ミドシップエンジン搭載の「ウラカン」を、世界でたった1台しか存在しないワンオフモデル「アヴェンタドールJ(イオタ)」風にしてみたら?というレンダリングが公開されています。
このレンダリングは、モナコ・オートデザインと呼ばれるデジタルアーティストが作成したもので、スーパーカー/ハイパーカーが密集するモナコの街中を走行することを想定しているのだとか。

フロントエアインテーク周りのデザインを見る限り、恐らくスタイルベースになっているのは、先日発売したばかりのハイパフォーマンスオープンモデル「ランボルギーニ・ペルフォルマンテ・スパイダー」かと思いますが、ここに「アヴェンタドールJ」のようなフロントガラスを取り除いたり、運転席と助手席の間にはセーフティバーを設けるといったスパルタンな作りにおいても緻密に再現していますね。

スポンサーリンク

J(イオタ)名を引継ぎ、世界が注目した「アヴェンタドールJ」がこちら

ちなみに、こちらがレンダリングモデルのベースとなったワンオフモデルの「アヴェンタドールJ(イオタ)」。
この個体は、2012年にフラッグシップモデル「アヴェンタドールLP700-4」ベースにしたワンオフモデルで、パワートレインはそのままとなる排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力700psを発揮します(トランスミッションの7速シングルクラッチや四輪駆動(AWD)も全く同じ)。

デザインを見ての通り、フロントウィンドウは完全に取っ払った状態で、カーボンファイバ製モノコックシェルもベースモデルが大幅な改良を加える等、ある意味全く別の乗り物になっているのだとか(それでも市販モデル用として製造し、公道走行も可能)。

リヤデザインには、大型ともいえるリヤウィングは、マフラカッタ付のセンター4本出しエキゾースト、そしてカーボンを用いた大型リヤディフューザーを装着。
フロントからリアディフューザーへのパーツも「アヴェンタドールSV」を彷彿させる攻撃的なツートンデザインですが、実際には「アヴェンタドールJ」が先に製造されたことから「アヴェンタドールSV」はこのモデルをモチーフに作られたデザインなのかもしれません。

ホイールはフロント20インチ、リヤ21インチのセンターロック式の異径ホイール(カーボンファイバ製フィンを装着)となりますが、デザインベースは「レヴェントン」となっています。

インテリアはこんな感じ。
シート間にはセーフティバーが設けられ、シートフレームには「ウラカン・ペルフォルマンテ」にも採用されるフォージドコンポジッドを使用。
シートマテリアルはブラックのオールアルカンターラにレッドのカラードステッチを縫合しています。

インテリアのセンターコンソールはこんな感じ。
ご覧のとおり、エアコンレス・ナビレス・オーディオレスの運転操作に必要な物理ボタン以外は全て排除した男前仕様となっています。
なお、この個体の価格は推定にして約2億円とも言われており、ランボルギーニの限定モデル「チェンテナリオ」に次ぐ高額車両となります。

☆★☆関連記事4選はコチラ!☆★☆

これは珍しい 世界に一台しか存在しないワンオフモデルのランボルギーニ「アヴェンタドールJ(イオタ)」が目撃される(2016/8/11投稿)
正真正銘世界に一台のみ。ワンオフ仕様のランボルギーニ「アヴェンタドールJ」が目撃に(2016/12/19投稿)
ランボルギーニ「ミウラSVR」が見事レストアされ日本に帰還。岡山・中山サーキットを走る(2018/6/23投稿)
レストアで復活と話題のランボルギーニ「ミウラSVR」。実はこんな感じで給油する(2018/6/23投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう