アメリカ第一号のパガーニ「ウアイラ・ロードスター」が登場。フェラーリルックでかなりアリ!

アメリカ納車第一号の「ウアイラ・ロードスター」

世界限定100台のみ生産されるパガーニのオープンモデル「ウアイラ・ロードスター」が、先日コネチカットのコンコールソ・フェラーリ&フレンズのイベントにてアメリカ第一号として納車。
これまで、様々なデザインの「ウアイラ」が登場してきましたが、今回納車された個体は非常に個性が際立つデザインで、インテリアはデュアルトーンレザーにて仕上げられ、完全露出したカーボンファイバパネルとレッドのアクセントが加えられたパールホワイトベースのボディカラーとなっています。

スポンサーリンク

どこかフェラーリチックにもみえる…?

スタイルベースは、パガーニの先代モデル「ゾンダ・チンクエ」にもやや似ていて、どことなくフェラーリルックにも見えますが、かなり完成度の高い仕上がりとなっていますね(純粋にカッコ良くてオシャレ)。

パワートレインは、クーペ同様に排気量6.0L V型12気筒ツインターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力765ps/6,200rpm、最大トルク1,003Nm/2,400rpmを発揮するとんでもスペック。
トランスミッションはX-Trac社製7速DCTを搭載し、旧世代テクノロジーとなるシングルクラッチ。
これを採用した理由としては、デュアルクラッチ式よりも40%も軽量化されていることがほとんどだと言われています。

パフォーマンスとしては、フロントとリヤにツインフラップ付きのアクティブエアロを搭載し、ユニークなフロントエンドと新しいデザインのマルチスポーク合金ホイールを装着。リヤデッキリッドは再設計され、テールランプは一体化されたスポイラーが特徴的。

そしてこの個体の最も大きな特長が、ロードスターやコンバーチブルモデルといったオープンタイプは、クーペに比べて”重くなる”傾向にあるも、同車にはそれが当てはまらず反対に”軽く”設計に。
っというのも、「ウアイラ・ロードスター」には高剛性のカーボン・チタン性モノコックが採用されていて、更には25%も軽量化された「Hiforge」アルミ・サスペンションを採用したことにより、車体重量がクーペの1,350kg→1,280kgへと70kgも軽量化されました。

ただ、こうした軽量化仕様のルーフにするには、自動開閉式ではなく手動脱着式にする必要があるとのことで、オプションによってルーフ材質を”ハード”ないしは”ソフト”に設定することも可能。
ちなみに、「ウアイラ・ロードスター」では、カーボンファイバとガラスにて作られたハードトップと、ファブリック製のソフトトップから選択が可能となっていますが、ソフトトップルーフは、オートバイのハイエンドギア製造で有名なイタリアメーカのダイネーゼとで共同開発した特別なルーフとなります。

☆★☆「ウアイラ・ロードスター」関連記事4選はコチラ!☆★☆

マジか!パガーニ「ウアイラ・ロードスター」のリース契約が可能に。但し、月々の支払いはリース車両最高額の280万円から(2018/5/12投稿)
クーペよりも軽いパガーニ「ウアイラ・ロードスター」。ルーフはダイネーゼと共同開発していた模様(2018/3/4投稿)
もう納車?カナダにて、パガーニ「ウアイラ・ロードスター」が目撃に(2017/9/3投稿)
パガーニ「ウアイラ・ロードスター」が遂にアンヴェール。ドアはまさかの横開きだった件【動画有】(2017/3/7投稿)

Reference:TheSupercarBlog.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう