ホンダ「シビック・タイプR」が快進撃。今度はシルバーストーンにてラップレコード更新

恐るべし「シビック・タイプR」

ドイツ・ニュルブルクリンクやフランス・Dircuit de Nevers Magny-Cours、そしてスパ・フランコルシャンサーキットにて、怒涛のラップレコードを更新してきたホンダ「シビック・タイプR」が、今度はイギリスグランプリの本拠地でもあるシルバーストーンサーキットでのラップレコードを更新しました。

今回の記録更新に大きく貢献したのは、3度のイギリスツーリングカーチャンピオンに輝いたマット・ニール選手で、2016年には前モデルの「シビック・タイプR」にて生み出したFF最速記録よりも更に速い2分31.32秒にてフィニッシュしました。

スポンサーリンク

「シビック・タイプR」のFF最速記録はまだまだ続く

今回の記録更新について、マット・ニール氏は「タイプRの本当の強みである高速コーナーでの突っ込みは特筆ものだ。進化したエアロやマルチリンクサスペンションシステム、より低い重心ハンドリングを介してのフィードバック性能、強力なエンジンの組合わせは素晴らしく非常に安定していた」とコメント。

上記にもある通り、今回のシルバーストーンサーキットでの記録更新は、ホンダがフランスのマニクールとベルギーのスパ・フランコルシャンに続いて、「シビック・タイプR」チャレンジ2018キャンペーンとして三弾目。前輪駆動モデル最速記録をどんどん更新し続けています。
来月には、ホンダは複数のワールドツーリングカーレースにて優勝したティアゴ・モンテイロ選手と元F1チャンピオンのジェンソン・バトン選手によって、エストリルサーキットやハンガロリングサーキットの最速記録を更新していく予定となっています。

☆★☆「シビック・タイプR」関連記事3選はコチラ!☆★☆

ホンダ「シビック・タイプR」がスパ・フランコルシャンにてFFモデルのラップレコード更新。次の3コースも更新予定(2018/6/19投稿)
ホンダ「シビック・タイプR」が新たなるFF最速記録。前モデルよりも5秒短縮【動画有】(2018/5/15投稿)
やはり期待を裏切らない。ホンダの新型「シビック・タイプR」がニュルにて再びFF最速記録を樹立。前モデルよりも7秒短縮(2017/4/24投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう