トヨタ「86」スポーツ仕様”GR”にエントリーモデルを設定。価格は378万円から

トヨタ「86」にも”GRスポーツ”が市販化

トヨタとGR(GazooRacing)は、過去にいくつかの高性能モデルを導入してきましたが、今回新たに2ドアクーペモデルの「86」にも”GRスポーツ”モデルを新設定したことが明らかとなりました。
今回登場する「86GRスポーツ」は、専用のフロントスプリッタや空力特性を活かしたサイドスカート、ブラックフィニッシュ仕上げの17インチアルミホイールを設定します。

オプションとしては、オリジナルのフロントスプリッターやリヤスポイラー、2種類のアルミホイール、ステアリングラックとリヤサスペンションメンバー、小口径ステアリングホイール(ブレース込み)が追加設定可能となっています。

スポンサーリンク

ボディカラーは3種類、足回りも強力なブレンボ製

足回りについては、レッドカラーのブレーキキャリパにブレンボ製の超強力ブレーキをセットアップしており、ボディカラーには”ピュアレッド”と”クリスタルブラックシリカ”、”クリスタルホワイトパール”の3種類から設定可能となっています。

インテリアもスポーティに

インテリアの変更は限られていますが、本革製のステアリングホイールやシルバーのコントラストステッチ、GRロゴ/バッジ付きのエンジンスタート&ストップボタン/メータパネルが設定されます。

インテリアの追加オプションとしては、GPSナビゲーション付の限定版インフォテイメントシステム、レーシングレコーダー付の7インチディスプレイ等も設定可能となっています。

性能面においては、剛性を高めることを目的としたリヤブレースの追加のみ。
パワートレインについては、排気量2.0L 水平対向4気筒エンジンを搭載し、最高出力207ps、最大トルク212Nmを発揮します。
トランスミッションは6速MT又はオプションの6速ATの何れかから選択が可能です。

なお、この個体の価格は378万円からの販売となっています。

☆★☆トヨタ「86」関連記事5選はコチラ!☆★☆

トヨタがイギリス市場向けに「GT86クラブシリーズ・ブルーエディション」を発売。価格は約420万円から(2018/6/1投稿)
スタンスネーション2018にて登場したトヨタ「FT86」風に改造の「MRS」。リヤデザインも完全に「FT86」風にカスタムしていた件(2018/5/15投稿)
これで本当に大丈夫か?次期モデル・トヨタ「86」/スバル「BRZ」の予想レンダリングが公開(2018/4/21投稿)
大黒PAにて、ランボルギーニ仕様のトヨタ「86」が目撃。ちなみに改造予算は・・・?!(2018/4/12投稿)
過激チューナ・リバティーウォーク(LB)がトヨタ「86」をカスタム(2018/4/6投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう