「F1GTロングテール」の再来?1,000馬力発揮のマクラーレン「P1GTロングテール」がグッド・ウッド・フェスティバルにて登場

謎のモデル「P1GTロングテール」はグッドウッド・フェスティバルにて登場!

マクラーレンのハードコアモデル「F1GTR/P1GTR」を公道仕様に改造してきたイギリスのLanzante Motorsportが、「F1GTロングテール」をモチーフにしたと考えられる究極のハードコアモデル「P1GTロングテール」を、今月末のグッドウッド・フェスティバルにてワールドプレミアすることが判明しました。

Lanzante Motorsportといえば、マクラーレンのお墨付きで、過去に「P1LM/F1LM」等も手掛けており、既にマクラーレンのサーキット仕様を公道仕様に改造したものは15台以上にも上るといわれています。

スポンサーリンク


今回公開されているティーザー画像では、「P1GTロングテール」のサイドデザインが確認でき、「F1GTロングテール」と類似した点がいくつが際立っているようにも見えます。

従来モデルのアルティメットシリーズ「P1」と比較すると、車体は細長くなっているようにも。
特にフロントエンドは合理化され、リヤデッキライドは巨大リヤウィングを装着するために自然と流れるような長く作られています。

「P1」初のワンオフモデルとして登場する?

先月先行にて公開されたティーザー画像では、「P1GTロングテール」のフロントホイールアーチとアグレッシブすぎるカーボンファイバフロントスプリッターを確認することができました。
ボディカラーは、「F1 XP GTロングテール」の再来をイメージしたかのごとく同じディープなボトルグリーンを採用。

パワートレインは、「P1LM」と同じ排気量3.8L V型8気筒ツインターボエンジン+電気モータのハイブリッドエンジンを搭載する可能性が高く、最高出力1,000psを発揮。
なお、「P1GTR」を公道仕様にした「P1LM」は製造台数5台のみでしたが、「P1GTロングテール」はそれより少ない製造台数となるか、ワンオフモデルとなる可能性がありそうです。

⏳ #lanzante #goodwoodfos2018 #p1gtr #p1lm @speedy_gonzales999

Lanzanteさん(@the_real_lanzante)がシェアした投稿 –


☆★☆「P1」関連記事5選はコチラ!☆★☆

「P1LM」よりも更にハイスペックに?マクラーレン「P1GTロングテール」のティーザー画像が公開(2018/6/12投稿)
これは素晴らしい。公道仕様に改造されたLARKデザインのマクラーレン「P1GTR」が中古市場にて販売中(2018/1/5投稿)
サーキットモデルのマクラーレン「P1 GTR」が中古車市場に販売中。ちょっと驚くような販売価格に(2017/8/8投稿)
フェラーリ「FXX K」とマクラーレン「P1 GTR」のサウンド対決。やはり「FXX K」の方が強すぎた件【動画有】(2017/8/8投稿)
最強トリオ「ラ・フェラーリ」「P1 GTR」「918スパイダー」がオークションにて登場。3台合計の予想最高落札価格は約9億円(2017/5/18投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう