シトロエン「C4カクタス」にリコール。走行中にボンネットが開くだと?!

走行中のボンネットオープンと燃料漏れの不具合

自動車ニュースサイト・Responseより、シトロエン「C4カクタス」にリコール。
リコールの内容としては、ボンネットストライカーと燃料パイプに不具合があるとのことで、ボンネットストライカーについては、サポートの形状が不適切なため、走行時の空気抵抗や車体振動により亀裂が入るものがあるとのこと。
そのため、そのまま使用を続けるとサポートが破断し、ボンネットのロックができなくなり、最悪の場合、走行中にボンネットが開いてしまうおそれがあるとして1つ目のリコールを発令。

2つ目の燃料パイプについては、配策時の取付手順を誤ったために、燃料パイプが燃料リターンパイプのコネクタと接触するものがあるとのこと。
そのため、エンジンの振動により燃料パイプの被覆が損傷し、最悪の場合、燃料パイプに穴があき燃料が漏れるおそれがあるとしてリコールを発令。

スポンサーリンク


リコールの対象となるのは、2016年11月11日~2017年8月30日に輸入された「C4カクタス」のみで、648台がリコールとなります。

ボンネットストライカーの改善措置については、全車両ボンネットストライカーサポートを確認して、対象車両の場合は補強プレートを装着する。また、当該部位に損傷がある場合は、ボンネットを対策品と交換するリコール作業を行います(不具合0件・事故0件)。

一方で、燃料パイプの改善措置ついては、全車両、燃料パイプの配策を点検し、正しく配策されていないものは修正する。また、燃料パイプが損傷していた場合は、燃料パイプを新品に交換する、リコール作業を行います(不具合0件・事故0件)。

☆★☆直近のリコール関連記事10選☆★☆

フェラーリ「458イタリア/カリフォルニア」等がリコール。タカタ製エアバッグに不具合有り(2018/6/29投稿)
ポルシェ「パナメーラ」がリコールで販売中止。リヤアクスルに不具合有り(2018/6/27投稿)
シボレー「コルベットZR1」に早くもリコール。エアバッグが展開せず死亡のリスク上昇(2018/6/23投稿)
ホンダ「S660」とスマート「フォーフォー」にリコール。センサやECU関連に不具合有り(2018/6/21投稿)
VW「ゴルフ/シロッコ」等10万台以上の大規模リコール。既に1,000件以上ライト類が点灯しない不具合有り(2018/6/21投稿)
スバル「レガシィ/インプレッサ」にリコール。燃料ポンプ不具合で走行中にエンストの恐れ有り(2018/6/14投稿)
マツダ「CX-8/CX-5」のディーゼルモデルがリコール。エンジンが始動しなくなる恐れ有り(2018/6/14投稿)
BMW・新型「M5(F90)」が早くもリコール。ECU不具合にて燃料ポンプの動作が停止する恐れ有り(2018/6/10投稿)
プジョー「3008」やマツダ「ボンゴ」等にリコール。バッテリーケーブルや燃料タンクホースに不具合有り(2018/6/8投稿)
ホンダ「ステップワゴン/フリード」20万台、ダイハツ「ハイゼット」等が大量リコール(2018/6/1投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう