究極のトラックモデル・ブラバム「BT62」がグッドウッド・フェスティバルにて公開へ

「BT62」グッドウッドにて衝撃デビュー!

元F1ドライバでお馴染みのデビッド・ブラバム氏が、自身の名前を用いた新たな自動車ブランド「ブラバム・オートモーティブ」から販売する世界限定70台のみの「BT62」が、7月12日~15日開催のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにてデビューすることがわかりました。

今回公開されるモデルは、以前からティーザー映像でも公開されてきたグリーンとゴールドのバイカラーモデルではなく、新たにレッドをメインにブルーのアクセントが加えられたモデルが披露されることが判明しています。

スポンサーリンク


今回公開される個体のペイントスキームは、1978年6月17日にNiki Lauda氏がスウェーデンGPにて勝利を収めた「BT46B」に敬意を表したものであるとのことで、ブラバムは、過去のモデルに取り入れてきたカラーを積極的に「BT62」に集約させていくのだと思われます。

スペックだけ見たら「FXX K Evo/マクラーレン・セナGTR」を圧倒

今回のイベントに関して、ブラバム・オートモーティブのマネージングディレクターであるデイビット・ブラバム氏は、「BT62のダイナミックなパブリックデビューをもたらし、ブラバムの歴史を感じていくことは貴重な経験になる」と説明。
「BT62」は、同社最初の生産車両であり、他に類を見ない走りを体験できると言います。

パワートレインは、排気量5.4L V型8気筒ターボチャージャーエンジンが搭載され、最高出力は710ps、最大トルク667Nmを発揮。
車体重量は驚異の972kgと軽自動車並みで、パワーウェイトレシオは1.33kg/psとかなり優秀。
おまけに最大ダウンフォースは1,200kgを発生するということで、スーパーカーだけでなくレーシングモデル(「FXX K Evo」や「マクラーレン・セナGTR」でもこのダウンフォースは不可能)の中でも圧倒的なパフォーマンスを誇る一台となります

☆★☆「BT62」関連記事5選はコチラ!☆★☆

限定70台のみのブラバム「BT62」のオプションがようやく公開。大きく2種類のシリーズに分けられる模様(2018/6/9投稿)
ブラバム「BT62」が遂にアンヴェール。レーシング専用モデルのアヴァンギャルド且つエクストリームなスタイリング(2018/5/3投稿)
発表は5月2日、追加オプション無し、価格は約1.6億円のブラバム「BT62」のエンブレムが公開(2018/4/28投稿)
ブラバム「BT62」のティーザー画像が公開。スパルタンな外観に車体重量900kg台&710馬力を発生(2018/4/20投稿)
一瞬だけ登場。ブラバム・オートモーティブ「BT62」の新たなティーザー映像が公開【動画有】(2018/3/24投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう