ランボルギーニ?いえいえ。5,000馬力超えのEVハイパーカー「Alieno Arcanum」が世界初公開

リマックを凌駕するブルガリア最強の刺客

クロアチアのEVハイパーカー・リマックが生み出した「コンセプト・ツー」や、中東が生み出した5,000ps以上を発揮する16気筒エンジン搭載の「デヴェル・シックスティーン」と、とんでもないパワーを発揮するハイパーカーが多数登場していますが、今回はブルガリアからの最強の刺客として、「未来からの”エイリアン”の技術」を持つと言われるオールEV2ドア&2シータモデル「Alieno Arcanum」が発表されました。
※Alieno Arcanumとは、イタリア語とラテン語が組み合わさった言葉で、「エイリアンの神秘」という意味

見た目は何ともスパルタン過ぎるスタイリングとデザインを持ち、ランボルギーニ「ウラカン」と「アヴェンタドール」のハードコアモデルを足して2で割ったような感じでもありますね。

スポンサーリンク

ってかAlieno社って何?

この「Alieno Arcanum」と呼ばれる謎の個体は、バルカン半島にある小規模企業「Alieno」が生み出したモデルで、信頼性については今のところ何も証明されていないとのこと。
Alieno社自体は2015年に設立したブランドとなりますが、恐らくこれから作られるモデル全てが”エイリアン”のようなとんでもないスペックのものを生み出していくことを意味しているのだと思われます。

「Alieno Arcanum」のスペックはとんでもないものだった!

話は「Alieno Arcanum」に戻って…このモデルは4つのグレード(RP2/RP3/RP4/RP5)から構成されるとのことで、パワートレインには”ダイレクト・ドライブ・パワートレイン”と呼ばれるグラッフェンLiPoセルとスーパーキャパシタを搭載したバッテリ(60kWh~180kWhの容量)永久磁石を備えたAC三相軸流電気モータと呼ばれる究極の電動機が搭載されるとのことで、「1つのホイールに最大6基の電動機が搭載」され、1台のハイパーカーに最大24基搭載できることを意味しています(技術が異次元過ぎる…)。
これによる航続可能距離は、何と1,020kmと実用性にも優れています。

なお、驚異的ともいえる各グレードのスペックは以下の通り。とにかくとんでもないパワーを発揮します。

○ベースモデル”RP2”・・・最高出力2,610hp/最大トルク4,440Nm
●中間グレード”RP3”・・・最高出力3,482hp/最大トルク5,920Nm
○上位グレード”RP4”・・・最高出力4,351hp/最大トルク7,400Nm
●最上位グレード”RP5”・・・最高出力5,221hp/最大トルク8,800Nm

パフォーマンスについては、まだ明確な情報はないものの、最上位グレード”RP5”であれば、最高時速は488km/hにまで到達するとのことで、リマックの「コンセプト・ツー」や中東が生み出した5,000hp超えのハイパーカー「デヴェル・シックスティーン」を遥かに凌駕します。

ある意味自由すぎる「Alieno Arcanum」

走行モードについては、STR(ストリート)/TRC(トラック)/RCE(レース)の3つのモードから設定可能で、仕様と基本的なダイナミックな特性は同じなのだとか。
Alieno社によれば、ル・マン24時間耐久レースでのLMP1カテゴリの規制を満たすことのできる1台であるとして、今後このモデルが参戦することがあれば、ル・マンを盛り上げてくれるかもしれません。

なお、Alieno社CEO/CTO/ブランチーフコンストラクタを務めるAhmed Merchev氏によれば「Alieno Arcanumは、Alieno社というブランドのDNAに基づいて、究極の技術的優位性を持った将来的なオールエレクトリックハイパーカーとなる。この車は、ルールに従わず、新しいものを造り出し、非常にエキサイティングドライブ体験と快楽を提供することができる」と説明しています。

機能性においてもオリジナル性を高めた究極の1台

機械的な工夫においては、ダブルウィッシュボーンとプッシュロッド、ロッカーアーム、調節可能なアンチロールバー、電子制御式ダンパー&アクティブライドハイトを備えた”ロボット”サスペンションと呼ばれるオリジナルのパーツを採用することで、各車輪が完全独立式となります。
制動力に関しては、従来の油圧システムと回生電磁ブレーキシステム、そしてここでも出てきた”ロボット式”エアブレーキシステム、という3つの異なるシステムによって提供されます(オプションにてエアブレーキパラシュート(?!)も利用可能)。

気になる価格と納期は?

「Alieno Arcanum」の気になる価格帯は、ベースグレード”RP2”で約9,700万円、最上位グレード”RP5”で約1.9億円からとなっています。
納期は、顧客の好みや選択されたオプションに応じて18か月~30か月(1.5年~2.5年)かかると言われています。

☆★☆EVハイパーカー関連記事3選はコチラ!☆★☆

排気量12.3L&V16エンジン&5,000馬力「デヴェル・シックスティーン」最初のオーナーはTonyBet氏で決定(2018/6/15投稿)
0-100km/h加速時間1.85秒のリマック「コンセプト・ツー」、とある人物の影響で消火器常備に(2018/3/15投稿)
あの「デヴェル16」は2,000馬力仕様で約1.9億円で販売される模様。それじゃ、5,000馬力仕様の価格は?【動画有】(2017/11/22投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう