ABTスポーツラインがとんでもないものを出した。1,000馬力超えのアウディ「RS6-E」を世界初公開

ABTスポーツラインが何やらぶっ飛んだカスタムモデルを発表したようだ

アウディを専門とする過激チューナのABT(アプト)スポーツラインが、アウディのハイパフォーマンスモデル「RS6アヴァント」をベースに、新開発エンジンコントロールユニットとエキゾーストシステムの改造を受けて、トランスミッショントンネルに電動モータを追加したとてつもないコンセプトモデル「RS6-Eハイブリッド・コンセプト」を世界初公開しました。

スポンサーリンク

ボタン一つで1,000馬力超え?!

この個体は、車内に設けられた特別なボタン一つで、リヤアクスルにハイパワーブースト(13.6kWhのバッテリにてバックアップされた電動モータ)をアシストする機能を持つことで、最高出力613ps→1,018ps、最大トルク700Nm→1,291Nmを発揮します。

これにより、パフォーマンスとしては0-100km/hの加速時間が3.3秒、最高時速は320km/hにまで到達します(モータのアシスト無しでも0-100km/h加速は3.7秒、最高時速250km/hにまで到達)。

デザインもかなり近未来的

外観はかなりユニークで、プリント回路基板を模したデザインラッピングにて施工し、空力パッケージや補強パーツも装備。
特に空力パッケージにはフロントリップやスカートアドオン、フェンダーインセット、サイドスカート、リヤスポイラーも追加装備しています。

足回りについては、H&Rサスペンションスプリングをインストールすることで、ローダウンを施し、これまたユニークなデザインの21インチの大口径アルミホイールを装着していますね。

【1.000 HP ABT RS6-E Concept | ABT Sportsline】

【1000PS Abt Audi RS6-E | Der erste Hybrid RS6 der Welt! | Daniel Abt】

☆★☆ABTスポーツライン関連記事5選はコチラ!☆★☆

ABTスポーツラインがアウディ「A8」をカスタム。+50馬力&22インチホイールでラグジュアリー感満載(2018/6/17投稿)
ABTカスタムのアウディ「RS5-R」の0-100km/h加速時間の公称値3.6秒→実測値は3.37秒と「R8」よりも速かった件【動画有】(2018/5/19投稿)
「アヴェンタドール」超えの705馬力を発揮。アウディが「RS6アヴァント」にパフォーマンス・ノガーロエディションを発表(2018/2/5投稿)
ABTスポーツラインがアウディ「RS3」をチューン。約60馬力アップで足回りもスマートに(2017/11/12投稿)
ABTスポーツラインがカスタムした過激なアウディ「R8スパイダー」が公開。最高出力610馬力まで向上(2017/8/5投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう