これは美しい。アストンマーティンより2種類のスペシャルエディションが登場

アストンマーティンから特別限定モデルが登場

7月4日から8日にかけて開催中のスポーツイベント・ヘンリーロイヤルレガッタにて、アストンマーティンの特別限定モデル2車種が特別展示されています。
一つ目は、ホワイトストーンの「DB11ヴォランテ・ヘンリーロイヤルレガッタ」で、アストンマーティンとヘンリーロイヤルレガッタとのパートナーシップにより、特別販売されるモデルとなります。

スポンサーリンク


インテリアには、レッド・オキサイド・カイネスのレザートリムが印象的で、テクニカルカーボンファイバも装備。
ところどころにはステンレススチールのクロスオーバルモチーフと手塗の淡いブルーのアクセントがあり、ローワーズ刃のロービングクラブ・マーキングからインスパイアされています。

他の特徴としては、ボディカラーとは対照的ともいえるブラックルーフやハイグロス仕上げとなる鍛造ブラックダイヤモンドホイール、ブラックのブレーキキャリパ、スモークテールライト、カーボンファイバエクステリア、ダークエキゾーストフィニッシャー等が標準装備されています。
価格帯については、イギリス販売価格にて約3,000万円からとなっています。

お次は渋すぎるカラーの「DB11」

こちらは、V8エンジンを搭載しする「DB11クラシック・ドライバエディション」。
クーペとオープンモデル・ヴォランテの両モデルがラインナップされ、合計20台のみの限定モデルとなります。
ボディカラーは何とも渋いシグネチャーグリーンとグレーのカラーに加えて、アストンマーティンの象徴的ともいえる1960年代のチャコールグレーの色合いからインスパイアされています。

その結果、ペイントワークに関してはかなり繊細で、真珠のような深くも光沢のあるダークグレーを演出。
カーボンファイバボディパックでは、別注のサテンアイフェルグリーンラッカーにて仕上げられており、恐らくこのカラーを実現できるのはこのモデルだけだと言われています。

インテリアについては、シートやダッシュボード、ステアリングホイールにはこれまた渋いEifel Green Caithnessと呼ばれる特別なデザインが施され、クラシックドライバのロゴがヘッドレストにParliament Greenにて刺繍されます。
なお、ヴォランテのトップルーフにおいても、特別なオプションにてウェストミンスターグリーンと呼ばれるカラーが設定可能で、全体的にレトロチックな仕上げが可能となっています。
なお、こちらの価格帯については、イギリス価格にて約2,990万円からとなっています。

☆★☆アストンマーティン限定モデル関連記事5選はコチラ!☆★☆

世界限定210台のみ&価格は約2,600万円から。アストンマーティン「ラピードAMR」がようやく解禁(2018/6/13投稿)
アストンマーティン「DB11 AMR」登場。世界限定100台のみ、エンジン出力630馬力、0-100km/hの加速時間は3.7秒(2018/5/12投稿)
アストンマーティン「ヴァンテージV600」が復活。エンジンはV12、世界限定僅か14台のみ(2018/5/9投稿)
世界限定175台。アストンマーティン最後のモデル「ヴァンキッシュS・アルティメット」が発売に(2017/11/1投稿)
アストンマーティンの限定モデル「ヴァンキッシュS・ヴォランテ・トムブレイディシグネチャーエディション」を発表。価格は約4,300万円から(2017/10/28投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう